鹿児島の美容室から

髪のお悩み、口コミなど、美容師かわなべひろきのブログ

記事メニューはここにタッチ

シャンプーは頭皮よりも、髪を洗うべし。その理由はコレ。

毎日シャンプーで頭皮をゴシゴシゴシゴシ。

 

って、洗ってませんか?「シャンプーは頭皮を洗うもの」と思っている方が少なくないので、今日は私おすすめのシャンプー方法を。

 

ちなみに、この方法に変えたお客さまからは、

手触りがサラサラになった!

指通りが軽い!

ドライヤーで速く乾くようになった!

と、ご感想たくさん寄せられてますんで、試してみてくださいね。

f:id:kawanabehiroki:20190117105404j:image

(ちょっとしたやり方の違いが、大きな差を…)

 

 

結論から

シャンプーでは、

  • 髪をもみ洗いして、充分にすすぐ
  • 頭皮はそんなにゴシゴシしなくて大丈夫

です。

 

ちょっと解説します。

 

なぜ頭皮より髪を洗うのか?

これは、人にもよるんですが毎日、

  • リンストリートメントを使う
  • オイルを使う
  • スタイリング剤ワックスなど)を使う

方って、少なくない。あなたはどうですか?

 

そしてこれら、少々乱暴にではありますが、一括りにまとめると、全部「」なんです。

これに対して、シャンプーは「洗剤

 

食事で使ったお皿を考えれば分かりやすい。

洗うときにしっかり油を落とさないと、次使うときヌルヌルが残りますよね?

それが、毎日繰り返されると、どんどんヌルヌルヌメヌメがひどくなる

 

髪も、これと全く同じことが起こります。

初めてご来店のお客様は、こうなってることが少なくないです。

f:id:kawanabehiroki:20190117105547j:image

(洗い残しの目立つお皿のような髪に、なっていませんか?)

 

油が髪に残るとどうなる?

  • 手触りが悪い
  • ベタつく
  • ドライヤーで乾きにくい
  • カラーで染まりにくい
  • パーマ(縮毛矯正)がかかりにくい

 

など、美容室での仕上がりにまで影響がでます。

f:id:kawanabehiroki:20190117105714j:image

(うわぁ…私の髪、大丈夫かな…)

 

頭皮はそんなにゴシゴシしなくても大丈夫

正直、日々の汚れ(ホコリや皮脂)はお湯だけでも充分に洗い落とすことができます

 

シャンプーで頭皮をゴシゴシし過ぎると、「洗い過ぎによる乾燥」を招くことがあり、

  • フケ
  • 皮脂の過剰分泌によるベタつき

のリスクが高まります。

(ベタつくのは、洗えてないんじゃなくて、洗い過ぎが原因の場合も多い

 

つまり頭皮は、本来お湯だけでも充分なので、シャンプーは軽くマッサージする程度でOK。

成分の残留を防ぐために、すすぎを充分にしましょう。

f:id:kawanabehiroki:20190117105957j:image

(頭皮は、お湯だけでもいいくらい。シャンプーはしっかりすすぎましょう)

 

洗う手順

  1. シャンプー剤を髪につけて、よく泡だてて優しくもみ洗い(髪をクレンジングするイメージ
  2. 残った泡で頭皮を優しくなでるようにマッサージ
  3. 充分にすすぐ

 

よく泡だてたほうが良いです。泡がクッションになり髪の摩擦によるダメージを軽減してくれます。

 

頭皮は、お湯で流すだけでもぶっちゃけ大丈夫ですが、「それだとなんか物足りないよ!」という方が大半。優しくなでるようにマッサージしましょう。

 

髪と頭皮にシャンプーが残留しないようによくすすぐ。お肌への負担をかけない為です。

 

ここまでやって、リンスやトリートメントを使用する場合は毛先に薄くのばすイメージで使いましょう。これもすすぎは十分に。

 

以上の点を踏まえると、普段油の残っている髪の方は、

  • 指通りが軽い
  • 手触りサラサラ
  • ドライヤーで乾きやすい

ことを、実感できるはずです。試してみてくださいね。

f:id:kawanabehiroki:20190117110615j:image

(確かに調子良い〜!)

 

それでは、最後まで読んでくださりありがとうございます。

 

書いてる人

かわなべひろき(美容師 ギター講師)

f:id:kawanabehiroki:20190117110949j:image

kawanabehiroki.hatenablog.com