かわなべひろきのブログ

日々の雑感とか

肉じゃがにて

晩御飯に肉じゃがを頬張りながら、肉じゃがのルーツにまつわるエピソードを思い出していました。

 

明治期、日本海軍を率いた東郷平八郎が、イギリス留学時に食べたビーフシチューの美味しさを忘れられず、軍にいるコックに作らせたのが肉じゃがのルーツ(起源)なんだとか。

 

つまり間違ったビーフシチューとして作られたのが、有史以来初の肉じゃがってこと。

 

言われてみれば確かに、味は全く別物ながら、具材も色も似ていますよね。

 

ビーフシチューを期待し待つことしばらく、テーブルに出された料理を見た東郷平八郎

 

「いやいやいや、これぜんっぜんちゃうやん。色の深みがまずちゃうもん。僕イギリスで食べたんもっと茶色が深かってん。秋のコーデにピッタリな感じの茶色言うたやん?それにな、スープのシャバシャバ感もぜんぜんちゃうやん。匂いもイギリスで食うたんもっと…

これうまぁあっ!!!!」

 

一口食べしなに手のひら返しで肉じゃがを賞賛したことは、想像に難くないですね。

 

f:id:kawanabehiroki:20170912214231j:image

(あまりのうまさに脱帽している東郷)  

 

でも、この時、命ぜられたコックはとんでもないプレッシャーだったのではないでしょうか。

見たこともないビーフシチュー。

海軍トップからの直々のお達し。ヘタなもの絶対作れない。ミスは許されない。でも、そもそも正解が分からない…。

 

時代が時代なので命がけだったかもしれない。料理人の勘をフルで動員しての創作だったに違いありません。いやー感服。

 

 

僕は、物事のルーツを調べるのが結構好きです。

色々調べていると、ルーツにもイケてるものと、そうでないものがあります。

 

この肉じゃがのエピソードなんて、すっごく物語を感じさせるイケてるルーツですよね。クラスでもそこそこモテるタイプのルーツ。デニムと無地のシャツだけでオシャレに見せられるタイプのルーツです。女子に壁ドンしても許されるレベルのルーツ。

 

 

一方で、ギリシャ哲学の起源は、奴隷制度によって暇になった支配階級の人々の暇つぶしと言われます。確かに、「生きるとは何か」みたいな哲学的考察って基本暇じゃないとしませんよね僕らも。悪しき奴隷制度や暇人がらみの起源がルーツなんて、ややイケてないですね。

 バイクのマフラーの音不必要に大きくしがちなルーツですよね。若いのに優先席で寝たフリするルーツ。友人の成功に祝福より嫉妬が勝るタイプのルーツです。もうええて。

 

肉じゃが食べながらそんな事を思い出していました。モノにもヒトにもルーツあり。

 

そのあと嫁さんと「過保護のカホコ」の最終回見てたんですよ。カホコが結婚式の場で、自分の家族みんなに向けて、

「この中の誰一人欠けても、今のカホコはありせんでした。ありがとう。」

と、自分のルーツである家族に感謝するシーンが印象的でした。

 

それにしてもまさか、カホコの最終回においてもルーツの話が持ち上がるとは迂闊だったので、今夜は少しルーツが過ぎるなぁ、と。

このペースだと明日の朝にルーツが残りそうなので、もうこれくらいにしとかないと。

 

嫁さんが床についた後、僕の1日の締めのお楽しみタイム。音楽を聴く時間。

プレイリストをシャッフルでかけたら、一発目にブラインドブレイクというブルースマンの曲が流れました。これぞ、ルーツミュージックってヤツ。

 

またか…ルーツが過ぎるな今夜は。

 

明日大丈夫かな…そんな夜です。

 

 

(完)

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 
楽しんでもらえたシェアしてねん〜。


かわなべひろき (美容師、自宅録音家)

⚪︎音楽 https://soundcloud.com/kawanabehiroki

⚪︎勤務先美容室 https://mekashiya.amebaownd.com/

⚪︎つぶやき https://twitter.com/kawanabehiroki

⚪︎インスタ(趣味アカ) http://instagram.com/kawanabehiroki

⚪︎インスタ(美容師アカ) http://instagram.com/kawanabehiroki_hair

 

 

街角にて

すんげー微妙な距離感の人が誰にでもいると思います。

仲良くも悪くもなく、お互いの存在は知っているし言葉を交わした事もある。

 

街でたまたまた会った時に挨拶しないのは変だから「こんにちわ」と声かけたはいいものの、それ以上特に話すことも思い浮かばずやや気まずい空気の後、「じゃ、また」とわかれる、そんな間柄の人。

 

 

僕は人といる時に沈黙を恐れるあまり、めちゃくちゃ饒舌になります。黒帯の人見知り。

 

あんまり喋らずにその場を誰かと過ごせる人、つまりモジモジしながらも沈黙に耐えられる人なんて、僕に言わせれば人見知りじゃないです。人見知りを自称したとしても、それは白帯の人見知りです。

 

黒帯の人見知りとは、沈黙に耐えられません。僕の場合、すき間を埋めるように言葉を撃ち放つ。だから逆に人見知りに見られない。

 

「おまえは誰とでもすぐ打ち解けられるからいいよな」と言われる度に、(早く打ち解けないと気疲れして心臓が持たねんだよ、この白帯が!)と、胸中を黒帯の悲嘆が渦巻くこともあります。

 

 

黒帯の人見知りという点では、同級生の大原(仮名)という人間も同類です。彼の場合アルコールに頼りまくるところが僕と少し違うけど。

 

 

大原(仮名)って誰?って人はこちら参考記事

同級生との会話にて - かわなべひろきのブログ 

 

 

そんな僕ですから、一番最初に触れた、微妙な間柄の人と思いがけずばったり会ったりすると、沈黙を埋めるために自分でも訳わからんことを口走っている時があります。  

 

先日も街を歩いていると前からカジさん(仮名)が歩いてくるのが見えました。

あ、カジさんだ、と思い、

 

「こんにちわー。」

「おー、かわなべくん、元気?」

「はい、まぁぼちぼちっすー」

「そうかー。」

「はいー…、…」

「そっかそっかぁ……」

「………、」

「…………、」

 

 

お互いにやや気まずい空気。

交わされる作り笑い。

次の瞬間、何を思ったか僕は言っていました。

 

 

 

「鼻痛ぇなぁ…」

 

これは大変なことになったぞ、と思いました。

あまりにも話すことがなく、気まずい沈黙を埋める為とは言え、全然痛くない鼻の痛みをカジさんに訴えている自分がそこにいました。

 

沈黙のプレッシャーからか、もはや脳が正常に動作しなくなっていました。

 

「え?鼻? 痛いの?  どっか、ぶつけたとか?」

 

「あ、いや、よく分かんないですけどね、なんか鼻痛いんすよね。」

 

「お、そ、そうかぁ…。」

 

たまに会う微妙な距離感の僕に鼻の痛みを訴えられて、カジさんもいよいよどうすればいいのか分からない状況。

一度狂った歯車は中々元に戻りません。よせばいいものを、僕は言葉をつないでしまいました。

 

「カジさんも、鼻とか気をつけた方がいいっすよ」

 

 

 

 

このようなわけの分からない言葉をいくつかやり取りした後で、「じゃ、また」と分かれた僕たちでした。

 

 

 

こうゆう時のスマートな挨拶の仕方や別れ方があれば本当に知りたいな、と思います。

 

痛くもない鼻の痛み訴えるとか、絶対不正解ですもんね。

ほんと、黒帯は大変です…。

 

 

(完)

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

「自分と誰か」の娯楽になればという気持ちで、書いてます。
楽しんでもらえたシェアしてください(土下座)

 


かわなべひろき (美容師、自宅録音家)

⚪︎音楽 https://soundcloud.com/kawanabehiroki

⚪︎勤務先美容室 https://mekashiya.amebaownd.com/

⚪︎つぶやき https://twitter.com/kawanabehiroki

⚪︎インスタ(趣味アカ) http://instagram.com/kawanabehiroki

⚪︎インスタ(美容師アカ) http://instagram.com/kawanabehiroki_hair

 

飲み屋にて

友達と飲み会をするべく、店の予約をしました。行ったことのある店が、不運にも二件とも休みで、初めて行く店を予約しました。

 

内装が、レンガ作りのバルっぽいイメージで、あぁ雰囲気良さそうだなぁと思い、予約をしました。

 

f:id:kawanabehiroki:20170908172744j:image

(イメージです。実際のお店ではありません)

 

 

なんか地中海近辺で流れてそうなカンツォーネとか、スペインのトラディショナルな音楽なんかを、程よいボリュームで小耳に聞きながらビール飲めたら気持ち良さそうだなぁくらいに思ってたんですけど、店に入るや否や聞こえてきたのが、

 

ゴリッゴリのハードロックだったんですよね。

 

ボリュームの大きさも中々のもんで、家だったら

「あんた、ご近所さんに迷惑だから、ボリューム下げんね!」

と、母親から確実に注意を受けるくらいの音量はありました。

 

こだわった感じの内装でお金もかかっていそうな作りだっただけに、空間とハードロックのミスマッチ具合が本当に残念だなぁと感じてしまいました。

 

 

かく言う僕は、そこら辺のハードロック好きを自称する人よりハードロックが好きな自負があります。ここでハードロックをディスりたい気持ちは1ミリもないです。

 

中学の頃の愛読書は「young guitar」でしたし、もしもこの先、猫を飼うことがあれば「ハードロック」と名付けても構わないくらいハードロックが好きです。

 

ハードロックとは、好きな人にとってはめちゃありがたいけど万人受けではないし、むしろ嫌いな人も少なくない、食材でいったらパクチーみたいなものだと思うんです。

 

f:id:kawanabehiroki:20170908182007j:image

 

結構使う料理選びますよねパクチーって。

僕はパクチー大好きだけど、同じく大好きなカルボナーラにもしパクチー乗ってたらテーブルひっくり返したくなりますよ。

うぉらーっ!どっちも好きだけど、この組み合わせはナシぞーーー!つって。

 

先のお店は、カルボナーラパクチーを乗っけてるような感じでした。

店の雰囲気も、バードロックもどっちも好きだけど、この組み合わせはナシぞ!みたいな。

 

トータルのバランスって本当に大切ですよね。

 

 好きな物をただ組み合わせれば良いという話じゃなくて。

 

僕も普段の生活や自分の仕事において、これと似たようなことやってないかな?と、自分を省みてみるんです。

 

 

ちなみに僕の実家の壁は、(母親が大ファンの)草なぎ剛くんの写真に挟まれて、30年以上前に撮られた両親と兄の色褪せ過ぎた写真が飾られています。

 

実際の画像です。

 

 

 f:id:kawanabehiroki:20170908184327j:image

 (トータルのバランスって本当に大切ですよね)

 

 

この家庭環境で育った僕がトータルのバランスを語ること自体が、

カルボナーラパクチー乗っけてるようなものだと今気付かされました(おせーよ)

 

なんだか急に先のお店に親近感が湧いてきました。

 

よしっ!誰か一杯飲みに行こっ!

 

 

(完)

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

「自分と誰か」の娯楽になればという気持ちで、書いてます。
楽しんでもらえたシェアしてくだされ(嘆願)


かわなべひろき (美容師、自宅録音家)

⚪︎音楽 https://soundcloud.com/kawanabehiroki

⚪︎勤務先美容室 https://mekashiya.amebaownd.com/

⚪︎つぶやき https://twitter.com/kawanabehiroki

⚪︎インスタ(趣味アカ) http://instagram.com/kawanabehiroki

⚪︎インスタ(美容師アカ) http://instagram.com/kawanabehiroki_hair

 

 

言葉とシャツと身の丈と

高校時代、英語教師がカツラでした。

カツラであることを隠しているタイプのカツラユーザーでした。でも、皆んなにバレていました。

ちなみに、優しい先生で僕は先生のこと好きでした。

 

 

僕の中で先生に学んだ事は、英語などではなく「カツラは絶対にバレる」という一つの真理でした。

 

そういう意味で、英語教師でありながら、僕にとっては真理を諭してくれる哲学の先生でもありました。

 

「なぜ、隠すのか」   「why hide?」

そして、

「なぜ、バレるのか」  「why   found  out ?」

 

 

 近くに先生の顔があると、どうしても視線が頭に行ってしまいそうになり、それを抑えるのに必死でした。そしてそれは、僕なりの気遣いでした。

 

ある日、テストの出来のあまりの悪さに先生に呼び出されました。

「これじゃどこの大学も入れないぞ!」

 

と、この時点で進学するつもりの無い僕は、

 「はい。いいんです。大学行かないので。」

 

「大学も出ないで、どうするんだ?」

 

「いや、別に…」

 

「先生に隠し事はダメだぞ!

 

 

 

(……。)

 

という、不毛なやり取りがあったことを覚えています。(カツラだけに)

こういうことですから、結局最後まで進路のことは何も打ち明けずに卒業しました。

 

 

言葉の説得力について考えることがあります。

同じ事を伝えるためでも、「どんな言葉を使ったか」。この差だと思います。

  

 

その先生も、

「隠し事をするな」では僕的に何も話す気になれませんでしたが、

例えば、こう言われたら…

 

 「進路のこと、誰にも言わないから先生にだけこっそり教えてくれないか?秘密は守るから…。

 

(すんごい守りそう。現に秘密守ってるもんね先生、バレてるけど…口割らない姿勢は頑なだもん。話してみようかな…。)

 

このように「進路の話を聞かせてほしい」という本質の部分は同じでも、使う言葉を変えるだけで説得力が全然ちがいますよね。

 

 

説得力ってつまり、

その人の身の丈にあった言葉を使ったとき、そこに自然と備わっているもの

なのかもしれませんね。

 

これがとても難しいことのように思われます。

ついつい僕も必要以上に大きく出たり、へりくだったりと、なかなか身の丈にあった言葉選びができてないような…。

 

 

そーいえば、もってるシャツも大体オーバーサイズだし…。

 

言葉もシャツも、フィット感、大事にしていきましょ…。

 

 

(完)

 

 

「自分と誰か」の娯楽になればという気持ちで、書いてます。
楽しんでもらえたシェアしてくだされ(嘆願)


かわなべひろき (美容師、自宅録音家)

⚪︎音楽 https://soundcloud.com/kawanabehiroki

⚪︎勤務先美容室 https://mekashiya.amebaownd.com/

⚪︎つぶやき https://twitter.com/kawanabehiroki

⚪︎インスタ http://instagram.com/kawanabehiroki

 

 

近所の散歩にて

家の鍵以外何も持たずに、夕暮れ時を散歩していました。

 

f:id:kawanabehiroki:20170827191608j:image

 

サイフもスマホも何も持たないほんの少しの解放感。

紺碧の山肌が吹きおろすこの時間の風の中で、晩夏と初秋の薫りが溶け合うようにひるがえっていたり、

 南西の方角低い位置に浮かぶ、か細い月に向かって、ダンスを捧げるように旋回する数羽のコウモリ。

 

住宅街を縫うようにして、海を目指す痩せた川。その面を大袈裟な車輪の音を飛ばしながら横切る、長い貨物列車の影。

 

 

いいなぁ、なんか今、いいなぁ。

カルピスソーダとか、飲みたくなるこのシチュエーション、

なんかいいなぁ。 

 

と、ひとりしみじみと風物のすき間を漂いながら、気に留めなければ見逃してしまう道端に転がる石ころのような、日常の詩を拾い上げていました。

 

 

 

20代はじめ。一人暮らしをしていた頃、夜は毎日毎日詩を書いて過ごしていたことがあります。

 

当時は周りの人に、聞かれてもいないのに

「夜は詩を書かずにはいられないんだよね」

と、わざわざ言っていましたが、白状すると

 

 

「夜毎、詩を書いている俺、どう?」

 

みたいな、なんとも救いようの無いナルシシズムを抱えていただけのことでした。

 

「世間の同い年のヤツらが、合コンだの恋愛だのそんな情事にうつつを抜かしているというのに、六畳間でひとり詩を書いている俺、どう?

みたいな…。アイタタタ…。

 

本当にこういうことがオツな青春の過ごし方だと信じて疑わない、要するに大いなる勘違いを起こしていたんです。

 

そんな僕のジーパンのケツポケットには、外出時でもいつも岩波文庫萩原朔太郎詩集が突っ込まれていました。

 

え?ブックカバー?そんなのつけませんよ。

だってそんなことしたら…、

人目に触れた時、何の本か分からないじゃないですか!

詩集、肌身離さない俺、どう?

 

 

と、さり気無く人と違う自分をアピールしてしまう、その行いこそがもう、人と同じなのだということにも気がついていない当時の僕でした。

 

 

こうゆう人生を辿ってきている僕の性格はかなり屈折しているので、人がSNSにアップした写真にも同じ匂いを嗅ぎわけてしまうことがあり、自分が悲しくなることがあります。

 

 

例えば、

子供の後ろにさり気なく映る、オシャレな自宅インテリアとか、

コーヒーを持つ手に巻かれた、なんかいい感じの腕時計とか、

キャンプのテントの背景に映るカッコいい四駆とか、

ランチの横に見切れてるKINFOLK(雑誌)とか、

 

 

いや、僕の勝手な思い込みですよ。

本人からしたら、絶対そんなつもりはないと思うんですけど、こういった写真を見ると、

 

僕がケツポケットからさり気なく覗かせてた萩原朔太郎の詩集と同じものを感じて、グッとこみ上げてくるものがあるんです。  

 

繰り返しになりますけど、僕の勝手な思い込みです。

 

 

 

大分、話がずれました…。

 

散歩中に感じた、

いいなぁ、今、なんかいいなぁ

というこの心もちって、気持ちにたくさんの余白を作ってくれる感じがします。

 

この日の散歩は30分もないほどでしたが、清々しく帰宅することができました。

 

日々、生活に追われて、気持ちがぱんぱん。

忙しく過ぎていったはずの一日なのに思い返して見ると、あれ?何してたんだっけ?思い出せない、みたいなことってあると思うんです。

 

そんな時は、ほんの少しの散歩が、気持ちに余白を運んでくれるかもしれませんし、

季節の移ろいはきっと、あなたに何をか語りかけてくれることと思います。

 

それでは、

Let's!  いいなぁ、なんか今、いいなぁ〜!

 

 

(完)

 

 

「自分」と「分かってくれる誰か」の娯楽になればという気持ちで、書いてます。
楽しんでもらえたシェアしてくれると嬉しいです。(嘆願)


かわなべひろき (美容師、自宅録音家)

⚪︎音楽 https://soundcloud.com/kawanabehiroki

⚪︎勤務先美容室 https://mekashiya.amebaownd.com/

⚪︎つぶやき https://twitter.com/kawanabehiroki

⚪︎インスタ http://instagram.com/kawanabehiroki

 

 

 

シケモクとアマゾン

「俺、不味いラーメン屋って聞くとついつい確かめに行きたくなるんだよね」

 

ハンドル片手に運転席の坂井(仮名)さんが言いました。

 

「実際不味い店ありました?」

 

「うん、何軒か知ってるよ。前に行ったところは、プラスチックの味がするラーメンだったよ。なんでなのかな、ほんとにプラスチックみたいな味がするの。(ダッシュボードを指差しながら)この辺でダシ取りましたって言われても納得しちゃうような味。」

 

言われてみれば確かに、

車のダッシュボードでダシとったラーメン

と聞くと、一度は怖いもの見たさもあって食べてみたくなりますね。

 

寸胴鍋の底に浮きつ沈みつするダッシュボードをイメージするだけで、そのラーメンのヤバさが伝わってくるようでした。

 

さすが坂井さん。退屈なこの人生を少しでもスパイシーに生きるコツを知ってらぁ。

 

 

 

少なからずこの話にインスパイアされていた僕。

話を聞いて数日経ったある日、仕事の帰り道で「おー!ここは不味そうならーめんを出しそうだなぁ!」という、いかにもな出で立ちの店を発見しました。

 

僕に選択の余地はありませんでした。

 自転車を路肩に停めて、スライド式のドアーを開きました。

 

ほう…なるほど。

 

カウンターのみ8席ほどの店内。

ヤニまみれの壁。

お客の姿はないものの、無造作にカウンターに置かれた、スポーツ紙、女性週刊誌の類。

片付けられていない、吸い殻が入りっぱなしの灰皿。

夏場の湿気をたっぷり吸い込んだ、椅子の上の座布団。

 

うむ…、これはなかなか(まずいらーめんを)期待できるな。

 

 

「あいよ」の一声でご主人さんが出してくれた、麦茶(らしき飲み物)を一口。

 

これがなかなかの代物で、シケモクみたいな味がしたんです。

こんなに喉が渇いてるのに、こんなにすすまない飲みものがあるのか!ほんとフツーにシケモクの味がするんだけど…なんなのこれ。

 

ということですから、否が応でも

らーめんに対する(マズさへの)期待は膨らむばかり。

 

 

店内のテレビで放送されていた「24時間テレビ」を見るともなく見て、この番組から僕が個人的に受ける独特の胡散臭さの正体は何なのかを、考察しているうちにらーめんが目の前にやってきました。

 

 

 

 一目みた瞬間に恋に落ちる事を一目惚れと言いうくらいですから、

一目みた瞬間にアマゾン川を思い浮かべる事はさしずめ、「一目アマゾン」とでも言いましょうか。

 

このらーめんを見て僕は人生初の「一目アマゾン」を経験しました。

 

f:id:kawanabehiroki:20170826203306j:image

(スープこんなん)

 

いやー、濁ってます。思ったより濁ってます。ヤバ。

 

半分スープに沈んでるチャーシューが、クロコダイルの背中のよう。

スープの上に玉になっている小ねぎはマングローブのよう。

 

一つのどんぶりで、これほどまでにアマゾンが表現されている事に感服。

 

僕の中で、ストレートに「アマゾンらーめん」と名付けたその一杯は、皮肉にもストレート麺でした!やかましわ。

 

 

この時点で、期待通りの(マズそうな)らーめんに出会えたことにホッと胸を撫で下ろし、気になる一口目。

 

 

正直言って、残念ながら意外とうまかったです。うまかったのに残念なのも初めてのこと。

 

しょっぱ過ぎるなぁという感じはあったんですけど、少なくとも「アマゾン」のレッテルを跳ね返すだけの美味しさは備えていました。(自分で勝手に貼ったレッテルな!)

 

ただ、このしょっぱさがくせ者。

食べ始めはまだ良かったんですけど中盤以降ジワジワとかなり効いてきまして、水分を摂ろうにも待ち構えてるのは、さきほどのシケモクウォーターなので、水分補給を断念せざるを得ない状況。

 

結局この、アマゾンとシケモクの一筋縄ではいかないコンビプレーに翻弄されて、完食はしたものの喉カラッカラの状態でお会計に臨むことになりました。

 

 

 

 

「まいど〜!600円です〜!」

 

「じゃあこれで」

と、1100円おかみさんに渡した僕。

 

「ありがとうございました!お返し500円ね〜!またお願いね〜!」

 

 

 

 

 

って、100円玉5枚かよ!!

 

 

 

 

ごちそうさまでした。

 

 

p.s

アマゾンらーめん気になる人は個別に連絡ください。

 

 

(完)

 

 

 

「自分」と「分かってくれる誰か」の娯楽になればという気持ちで、書いてます。
楽しんでもらえたら、シェアしてくれると嬉しいです。(嘆願)


かわなべひろき (美容師、自宅録音家)

⚪︎音楽 https://soundcloud.com/kawanabehiroki

⚪︎勤務先美容室 https://mekashiya.amebaownd.com/

⚪︎つぶやき https://twitter.com/kawanabehiroki

⚪︎インスタ http://instagram.com/kawanabehiroki

 

そうゆうものなのよ

子供の頃、学校や周りの大人たちから、「ラクをしてはいけない。若い内の苦労は買ってでもしろ。」みたいなことを度々教わりました。

  

でも、どうして洗濯機でもリモコンでも僕たちの日常生活はラクをする為の便利な道具で溢れかえっているのに、そんな事を言われるのだろう?と、子供心に謎で仕方ありませんでした。

  

もしや、大人が子供叱る為に仕掛けた罠なんじゃ?と訝って、

例えば、リモコン使ったら親父からハイキック飛んでくるんじゃないか…みたいな妄想にかられることもしばしばでした。

 

大人になった今、子供の頃に感じた大人に対しての矛盾に自分が染まっていないか?あるいは、その矛盾は解決されたのか?ということが、ふと脳裏に浮かぶことがあります。

 

 

ちなみに、先の「ラク」に関しての矛盾はとっくに解決しています。

 

 

 

「そうゆうものなのよ」が答えです。

 

 

確かにね。ラクをするなと言いながらね。お前の言う通りラクするための道具ばっかりだよな。ほんとその通り。不思議だよな。変だなって思うよな。なんでか分からないよな。

でもな、 「そうゆうものなのよ」

 

 

親とは偉大です。答えを知っているから。

幼い頃「なんで?」責めをしているとよく母親に言われましたよ。

「大人になればわかるのよ、あんたも」

「そうゆうものなのよ」

 

子供の頃はこの答えに全く納得がいかずヤキモキしたものです。

しかし、さすが母親。時を経て大人になったらほんとに言う通りでした。

大人になってわかったんです。

 

 

 

この世界の多くは

「そうゆうものなのよ」

で構成されているということが。

 

 

 

僕の友達のシングルマザーが、通信教育で学校に入ったんです。

 奨学金ではないんですが、申請すれば学費を公的に支援してくれる制度があるんですって。(もちろん条件つきで、詳細は知りません)

 

ところが、学校が3年制でそれを知ったのが丸2年ほど経過した時。

残り1年とは言え、支援で受けられる額が額だったので、役所に申請に行ったようです。

 

案の定、1年次、2年次の学費の支援を遡ってもらう事は出来なかったそうです。

 

 

国民年金国保や、住民税。

こちらが支払う分に関しては、どこまでも遡って、地の果てまでも督促してくるのに、もらえる分に関しては、あちらからは何の知らせも無いばかりか、申請にいっても時間が過ぎた分に関しては、

「ハイ、タイムアウト〜。」

で、一蹴。

 

 

変ですよね?不思議じゃないですか?何でなんだろう?って思いますよね。

 

でもね、そんな疑問の答えはこれ。

 

 

「そうゆうものなのよ」

なんですよ。そうなんです。

 

 

多分、役所の窓口の人も、こんなことは何べんも何べんも色んな人から言われまくってると思うんですよ。
でも、そうゆうものだから仕方ないのでしょう。どうすることもできない。

 

 

疑問を感じたら負けなんですよ。

 

この世界を少しでもストレス少なく生きる為のコツは「そうゆうものだよなぁ」と言って思考を停止させることが重要なんです。

 

 

20代の頃バイト先で、部長と次長を交えて三者面談がありました。

表向きは「スタッフの意見を聞いてより働きやすい職場環境を整えていきたい」といったものでした。

 

「かわなべくんも、仕事していて普段感じる疑問や不満があれば会社のためだと思って、なんでも聞かせてくれ」

 

と言われたので、「このご厚意ありがたし」と、10分くらいでしたか、いくつも意見したら(出し足りないくらいだった)部長に言われました。

 

「若えから、視野が狭いな」

 

 

当時は僕もまだ人生経験が足りずによくわかっていなかったんです。

 

「そうゆうものなのよ」なる世界の存在を。

 

だから、面談の後どちらかというと不満が増えましたし、以来(気のせいか)部長が挨拶返してくれなくなったんですよね。

 

不思議で仕方なかったんですよ。

なぜだろう?意見を聞かせてくれと言われたから意見したのに?え?どうしてなんだろう?

 

 

 

当時の僕に話して聞かせてやりたいです。

 

「そうゆうものなのよ」

 

 

難しい顔するなよ!

思考をやめて踊らないか?

そうゆうものなんだから、仕方ないだろ?

 

 

 

(完)

 

 

「自分」と「分かってくれる誰か」の娯楽になればという気持ちで、書いてます。
もし楽しんでもらえたなら、シェアしてくれると嬉しいです。(嘆願)


かわなべひろき (美容師、自宅録音家)

⚪︎音楽 https://soundcloud.com/kawanabehiroki

⚪︎勤務先美容室 https://mekashiya.amebaownd.com/

⚪︎つぶやき https://twitter.com/kawanabehiroki

⚪︎インスタ http://instagram.com/kawanabehiroki