鹿児島の美容室から

髪のお悩み、口コミなど、かわなべひろきのブログ

記事メニューはここにタッチ

【雑談#01】ステイホームで磨く、暇つぶしのスキル

髪にまつわるあれこれを発信している当ブログですが、今後はコラムもやっていこうかと。

言わば、私かわなべひろきの「ひとりゆるふわ雑談」です。基本的にほぼすべての人が、興味が無いであろうことを確信しています。

 

もし読んでくださる方がいらっしゃるとしたら、あなたは世にも稀なるお方。ほぼレアポケモン。変わりものです。(失礼…)

もしかしたら、私に親近感や関心を1ミリくらいは寄せてくださってるかもしれません。

ですんで、雑談は文体もややフランクにやってみようかなと。

 

では、第1回目は「暇つぶしのスキル」について。

 

昨今コロナ禍のアレで不要不急の外出自粛…、流行り言葉を使うなら「ステイホーム」で過ごすことが多いのでは?

 

僕もですよ。休日はもっぱらステイホームをキメてる。

と言っても、元々インドア派でコロナ関係なく、これまでもステイホーム多めで生きてきたから、あまり普段と変わりばえもなく…。

 

ところが、人によっちゃステイホームが致命的なストレスになってるらしいじゃありませんか。どう時間を過ごしたらいいか分からない。主に「仕事が生きがい勢」「趣味アウトドア勢」の方々がヤラレちゃってる…。

 

家の中で楽しめることがない(楽しむことができない)ひとって、存外多いんですよね。

僕は、このコロナ禍のステイホームをきっかけに、インドアでもできる「暇つぶし」を身につけておくといいのかな、と思います。

 

それはこの先を「生きる技術」になるから。

 

この度の非常事態に限らずたとえば、僕らが年老いた先、仕事の現役引退や、体力の問題であまり出歩けなくなったりすれば、どの道「ステイホーム」が比重を占める生活に入っていく。

そのときに、家で楽しむスキルがないとなるとこれは相当キツい。マジで毎日どう過ごしたらいいか分からんレベル。もはや、セルフ非常事態発生。

 

来たるべきその日のためにも、インドアでもできる「暇つぶしのスキル」は1つでも多く揃えておいて損はないでしょう。

 

世界的なステイホームソムリエである僕が、最もおすすめするのは、なんらかの「もの作り」です。

ジャンルはなんでもいい。料理やお菓子作り、作画、作陶、作曲、詩作、手芸、写真、珈琲豆の焙煎、などなど。 

 

読書や映画、音楽などの「鑑賞系」も良いですが、「もの作り」のほうを圧倒的におすすめしたい。

 

なぜなら、「作ること」は人間にとって根源的な「喜び」だから。

ちょっと思い返して欲しいんですけど、小学校の時「図工」の授業ってあっという間じゃなかったですか?絵を描いたり工作してると、気がついたら終業のチャイム。

 

人間は喜びにあって時間を忘れ、苦痛にあって時間を強く意識するもの。

時間を忘れて「作ること」に没頭することは、それが「喜び」であるこのと証明です。

 

更に、作品を誰かにプレゼントしたら人に喜んでもらえるチャンスだってある。人に喜んでもらえれば、それはそのまままた自分の喜びにもなる。技術が高じればそれが仕事になる可能性もある。

 

一石で何鳥落とすつもりやねん「もの作り」、って感じですがとにかく、音楽や映画など「鑑賞系」の楽しみも良いですが、より高い次元で人生を豊かにしてくれるのが「もの作り」じゃないかと思います。

 

僕は日常的に「もの作り系」は、ギターで作曲、文章書く、たまに料理などしますし、嫁さんはアクセサリー作りをほとんど毎日しています。

 

加えて「鑑賞系」も、読書、マンガ、音楽、Amazonプライムで映画ざんまい、と、自宅にいながら楽しめることに際限がない毎日で、これらの「暇つぶしのスキル」は確実に老後に効いてくると確信しています。(まぁ、老後まで生きてるか分かんないけども…)

 

ちゅーことで、ステイホーム。

参っちゃってるあなたは、暇つぶしのスキル磨きに当ててみるのも、良いでしょう。

(この文章ここまで読んでる時点で、多分あなたは大丈夫なタイプですが…)

 

では、また