鹿児島の美容室から

髪のお悩み、口コミなど、かわなべひろきのブログ

記事メニューはここにタッチ

施述前のカウンセリングで気をつけてること

施述前のカウンセリング。

初めて行く美容室って、どんな人かな、どんなこと聞かれるのかな、希望がまとまらないけどなんて言えばいいのかな…、と不安がたくさんでは無いでしょうか。

 

実は、美容師側もカウンセリングって緊張します。特にご新規さまは。

私も元々が緊張しぃなので、自信はありつつも緊張感はあります。

 

今日は、そんな私がカウンセリングのとき気をつけていること、その中でも「髪以外のこと」に絞ってまとめてみますね。 

 

は?「髪以外のこと」ってどうゆうこと?

ってのは、読み進めて頂ければ分かると思います。では、参りましょう。

 

 

結論から

お客さまの以下のようなことに注意を払っています

  • 履き物(スニーカー?ヒール?など)
  • 洋服や小物、お化粧の雰囲気
  • 身長
  • お顔の形
  • 首の長さや太さ
  • 肩の幅と形
  • 座る姿勢(足を組む?手の位置は?など)
  • 歩く姿勢
  • 声の感じと話し方

髪以外の部分でも、以上のようなことがあります。

 

他にも生活習慣も、必要があれば差し支えない範囲で聞かせて頂くことがあります。

では、どうしてこんなことをしているのかを補足していきます。

f:id:kawanabehiroki:20200930115536j:image

(画像はイメージです)

 

髪だけを見ても何もわからん

自分の好みや希望を言葉で表現するって、難しいですよね…。

飲食店や、洋服屋さん、映画や音楽でも好きな雰囲気ってきっと、それぞれありますよね。それがどうして好きかを言葉では説明できないとしても。

 

そのお客さまの、「言葉にはできないけど好きな雰囲気」を汲み取るためには、先に挙げたことに注意を払う必要が、美容師には絶対にあると思います。

「好みの傾向」って、ありますから。

そこから、髪型をご提案することが大切。

 

また、似合う髪型は、頭だけの話ではなくトータルでのバランスが大切

同じショートでも、首や肩の感じにフィットする襟足の形、ボリュームの位置は、人それぞれに調節する必要があります。

 

これらのことは、髪の毛だけを見てても分かりません。つまり、お客さまの全体的な雰囲気を見ることで、好みや似合わせをご提案することを心がけています。

f:id:kawanabehiroki:20200930115826j:image

(髪だけ見れば良いってものじゃない)

 

と、ここまで読んだ方で、

「え、そんなに見られてるんならヤバい…もっとメイクもオシャレもバッチリして行かなきゃ!」

と、思ってしまったあなた、ちょい待ち!

 

だからこそ、いつも通りのあなたで来店ください

美容室って、「きちんとオシャレして行かなきゃ」って構えてしまうお客さま、少なくありません。

それはそれで悪いことではありません。普段よりオシャレして出かける時間を、楽しみにしているお客さまだっていらっしゃいますから。

 

一方で、私は普段過ごしているそのままの感じでのご来店も、歓迎です。むしろ、大歓迎。

何故なら、いつも通りのあなたに、1番フィットする髪をご提案したいからです。

是非、ムリに構えず、いつも通りのあなたでご来店くださいね。

f:id:kawanabehiroki:20200930120549j:image

(え?気合入れてアイロンしたけど普段通りでいいってか?)

 

おわりに

ここでまとめたことは、あくまでも普段私が心がけていることです。美容師ごとに変わります。

 

人と人とのコミュニケーションって、なにも「言葉」だけじゃないです。それは、美容師とお客さまとて同じこと。

 

むしろ、言葉にはならない部分の方が大切。そこにアンテナを貼ることで、痒いところに手が届くお仕事ができるようになるんじゃないかと、思います。

 

私もまだまだ完璧には遠く、勉強の日々ですが精進していきます。

では、最後までありがとうございます。

 

書いてるひと

かわなべひろき(美容師 ギター講師 和漢薬膳師)

f:id:kawanabehiroki:20200930120740j:image