鹿児島の美容室から〜髪と薬膳〜

髪のお悩み、口コミ、薬膳関連など、かわなべひろきのブログ

記事メニューはここにタッチ

薬膳の基本1、「気・血・水」の考え方

薬膳には、心身の健康について東洋医学に基づいた様々な考え方があります。

今日はその基本の中から、「気・血・水」について。

f:id:kawanabehiroki:20200617151338j:image

(健康のバランスを支える三本柱)

 

自分の体質を知るための予備知識となるので、予習感覚で見ていきましょう。

 

 

気・血・水(き・けつ・すい)

東洋医学では、健康の3本柱として「気・血・水」の考え方があります。

 

簡単に言うと

  • =生命を支えるエネルギー
  • =体中に栄養酸素を運ぶ血液
  • =血液以外の体を潤す液体

 

のことで、この3つがバランスよく働くことで心身の健康は保たれると考えます。

 

気=生命を支えるエネルギー

元気の気、気合の気、気持ちの気、

気はいろんな所で目にする文字ですが、その実体は目に見えないですよね。

とは言え、すべての原動力であり、生命を支えるエネルギー

f:id:kawanabehiroki:20200617145615j:image

(なんとなく、それっぽい画像…)

 

不足したり、巡りが悪くなるとどうなるのでしょう…。

 

気虚(ききょ)とは

気の不足のこと。

気虚にはタイプがあり、その代表的な症状は、(該当しないか見てみましょう)

 

  • 心気虚=息切れ、動機など
  • 肺気虚=声が細い、顔色が白い、風邪ひきやすいなど
  • 脾気虚(ひききょ)=だるい、食欲不振、下痢、貧血など
  • 肝気虚=脱力感、耳鳴りなど
  • 腎気虚=下腹部のだるさ、むくみ、頻尿など

f:id:kawanabehiroki:20200617150207j:image

(なんか、だるい〜…)

 

気滞(きたい)とは

気がスムーズに巡っていない状態のこと。

気滞の代表的な症状は

  • イライラしやすい
  • 腹部の張る感じ
  • のどのつかえ
  • 過度の神経質

などがあります。

 

なんとなく、「メンタル的なもの」に大きく比重がありそうな「気」ですよね?

気の異常は、つづいてまとめる血と水の異常へと繋がりやすい、と言われます。

 

各症状に心当たりが多い方は、気虚、気滞を改善する食事が必要。これについては、別の機会に。

 

では次に「血」を見ていきましょう。

 

血=栄養酸素の配送係

東洋医学の「血」は、血液そのものだけでなく血流の循環の状態も含めた、広い意味合いがあります

 

常に、気と一緒に体中を巡っては、あっちこっちの体の組織が必要とする栄養も酸素を配って周る、ありがたい配送係。

f:id:kawanabehiroki:20200617150136j:image

(真っ赤な血)

では、この血が不足したり、滞ると…

 

血虚(けっきょ)とは

血の不足のこと。

女性は月経の影響などから、男性と比べ血虚になりやすい。

血虚にもタイプがあり

  • 肝血虚=視力低下、不眠、めまい、生理不順など
  • 心血虚=ふらつき、顔が青白い、動機、不眠など

 

その他、美容面でいうと

  • 髪が痩せたり、抜ける
  • 肌のハリ、ツヤ、潤いの低下

なども、血虚の代表的な症状に挙げられます。

f:id:kawanabehiroki:20200617150814j:image

(なんか、心当たりある気が…)

 

血瘀(けつお)とは

血の滞り。つまり、血液の循環が良くない状態のことです。必要な栄養酸素が体内に行き渡りにくくなり、さまざまな不調を呼びます。

 

代表的な症状には

  • 肩こり、神経痛
  • 慢性的な頭痛
  • 静脈瘤(りゅう)
  • 生理痛、生理不順

などがあります。

 

原因はさまざま、ストレス、偏食、不規則な生活、無理なダイエットなど考えられます。

薬膳に限らず、運動をして体を冷やさないことも、とても大切です。

 

では、つづいて「水」について

 

水=体をうるおす液体

東洋医学では「水」は「津液」(しんえき)ともよ呼ばれ、ただの水と異なり、飲食物から体に必要な形に変えられる水分、全般のことです。

 

ですから、「水」が不足してるからといって、ただ水を飲めば良いかというとそうじゃない。

 

涙や唾液、リンパ液などの分泌液の元となり、肌や髪、関節の働きを滑らかにしてくれるのが「水」。

f:id:kawanabehiroki:20200617145948j:image

これも、不足したり、滞ると…

 

津液虚(しんえききょ)とは

「水」が不足した状態のこと

ストレス、過労、食や睡眠の乱れが原因で起きやすくなりますが、代表的な症状には

  • 肌、爪、髪のかさつき、パサつき
  • のどの渇き
  • 過度な寝汗
  • 咳きこみ

などがあります。

 

食べものなどで「摂る」視点だけでなく、胃腸など消化吸収系のはたらきを整えることからも、見直す必要があります。

つまり、体質改善が大事

f:id:kawanabehiroki:20200617151009j:image

(なんか、美容面への影響大きそうだなぁ…)

 

水毒とは

「水」の滞り、循環が悪い状態のこと。代謝が悪いってことですね。

「痰質」(たんしつ)とも呼ばれ、様々な疾病に関するといわれます。

  • リウマチ、喘息
  • 皮膚炎、鼻炎
  • 冷え性

など。 アレルギー、つまり免疫系への影響がありますね。

 

他にも

  • 多汗、むくみ
  • 体の重さ、だるさ
  • 雨の日の体調不良
  • おなかがぽちゃぽちゃする

などの、症状も。

 

薬膳では、水の代謝を改善するために食べ物からアプローチを取ります。この辺りも、おいおい触れていきますね。

 

おわりに

代表的な症状を紹介しましたが、あなたにも心当たりのある項目がありましたか?

 

なんとなく続く体の不調に、ただ漠然と体質改善をしようとするより、自分は「気・血・水」どのバランスが主に傾いているのかを知ることは、どんな食べ物を取るべきかを具体的に知る手がかりとなります。

 

また、「気・血・水」はそれぞれ独立してるわけではなく、お互いに補い合いながらバランスを保っています

まずは、これを知っていただくことで、この先の自分の体質の見方や食べ方の深い理解に繋がれば、と思います。

f:id:kawanabehiroki:20200617151827j:image

(基本を知って、深い理解につなごう)

 

それでは、今日はここまで。

次回は、薬膳の基本第二弾として、「陰陽の考え方」にすすみます。

 

最後までありがとうございました。

 

書いてるひと

かわなべひろき(美容師 和漢薬膳師 ギター講師)

f:id:kawanabehiroki:20200617151940j:image

kawanabehiroki.hatenablog.com