鹿児島の美容室から

髪のお悩み、口コミなど、かわなべひろきのブログ

記事メニューはここにタッチ

女性の薄毛、抜け毛〜対処法〜

前回、前々回は、原因について触れましたが、今回は対処法について。

原因編を読んでない方は先にどうぞ

 

 

それでは参りましょう

 

 

原因のおさらい

〈内的要因〉

  • 遺伝
  • 加齢
  • 病気
  • ストレス

〈外的要因〉

  • シャンプー、トリートメント
  • 過度な施術
  • 間違ったヘアケア
  • 生活習慣
  • 紫外線

 

原因の、しかも代表的なものだけでもこれだけあるということは、すなわち、対処法もやったほうがいいことがたくさんあります

 

この記事では、最低限これはやっておきたいポイントについてまとめていきます。

f:id:kawanabehiroki:20200517164435j:image

(何すれば…)

 

結論から

  • シャンプーの見直し
  • 育毛剤の使用
  • ホルモンバランスを整える習慣
  • 全身の血流改善につながる習慣
  • 紫外線予防

 

ざっと、大きくくくるとこの5つ

で、その1つずつが細かいポイントに分かれていきます。心当たりがあるものや、手をつけられそうなものだけでもやってみましょうね。

では、補足していきます

 

シャンプーの見直し

具体的にこの商品を使ってくださいということではなく、選び方の基準についてお伝えします。

  • 洗浄力が強すぎないもの
  • 成分が残留しにくいもの

これらは、頭皮をなるべく正常な状態に保ってくれるもの、を意味します。

 

選び方は、過去記事をご参考にどうぞ!

 

育毛剤の使用

育毛剤は使っておきましょう。どんなものがあるか?何を使えばいいのか?については、改めて記事を用意します。

 

今日は育毛剤を使う上での留意点について触れます。それは、

  • とにかく続けること
  • 変化がないは、ひとつの成功の形

です。

 

育毛剤使用は一般的に「薄くなった髪を増やそう」との目的でされる方が多い。

もちろん、増えれば万歳!なんですがその前に、

抜け毛を減らして現状を維持する

という視点がとても大切。

 

つまり、今から始めて、1年後、3年後、5年後、増えはしないけどほとんど変わらないとなれば、これは成功の1つの形なんです。

 

私たちの体は、日々衰えていきます。薄毛もほっとけば進行していくのが当たり前。まずはこれを「くい止める」「進行のスピードを遅らせる」ために。

 

そして、とにかく継続です。1ヶ月して「なんも変わんないじゃん、やーめた」では、もったいない。

また、遺伝的に薄毛家系のひとは育毛を始めるのは、早ければ早いほど良いです。心配な方は20代からでも始めておくと良いです。

 

先々まで見越して、コツコツいきましょう。

f:id:kawanabehiroki:20200517164523j:image

(早いうちからがいいのかぁ…)

 

ホルモンバランスを整える習慣

私個人的には

  • 夜しっかり寝る
  • ストレスを避ける
  • 大豆製品を摂る

を、まずはやってみましょう。

 

睡眠不足って、ロクなことにならないです。健康にも美容にも大敵。

深夜の成長ホルモンのはたらきを最大限活かすためには、理想は10時ごろまでには寝るといい、と言われています。

 

とは言え、家事、仕事、毎日時間に追われて、深夜のゆっくりタイムだけが自分の時間という方もいるでしょう。それはそれで、ストレスを発散するために必要だと思います。

 

ですから、なるべくです。なるべくでいいのでは不必要にダラダラ、スマホ見て夜更かししたりすることはやめましょう

f:id:kawanabehiroki:20200517164543j:image

(睡眠時間、足りてますか?)

 

また、ストレスのほとんどは人間関係にまつわるものです。この人といると疲れるな、という人とは極力、距離を置きましょう。人間関係の基本は距離感の取り方です。行きたくないお誘いは断っていいんです。あなたのために。

これも、できる範囲でやっいきましょう。

 

そして、「大豆」を食べましょう。

食に関しては本当は「何を食べるか」より、「何を食べないか」、が優先

毎日、添加物たっぷりの食生活では健康に良いはずがありません。食べるなとは言いませんが、頻度には気をつけて。

f:id:kawanabehiroki:20200517164615j:image

(偏り過ぎに注意です)

 

大豆には、「イソフラボン」が含まれます。これは女性ホルモンの「エストロゲン」の働きを補ってくれると言われます。

なるべく消化吸収されやすい形で、豆そのものをバリバリ食べるより、豆乳や豆腐、納豆などで摂ると効率よく栄養を吸収できます。

 

全身の血流改善につながる習慣

薄毛と言うと、毛根の血流をイメージしますね。これは正しいの見方ですが、だからと言って頭だけをマッサージしていればいいかと言えば、決してそうではありません。

 

体の局所的な血行不良の原因というのは、基本的に全身の血流低下が招きます。ですから薄毛も全身から見直す必要がある。

 

  • 日常的な運動
  • シャワーで済ませず、風呂につかる
  • 禁煙 
  • ストレス発散
  • 油っこい、味の濃い食生活を避ける

 

など。これらは私がわざわざ記事にしなくても散々あちこちで言われており、今更感満載ですが、それだけ重要だってことです。

 

運動はハードな筋トレより、「ウォーキング」がオススメです。

ハードな筋トレは男性ホルモン(テストステロン値)が増えるため、薄毛予防という観点ではマイナス要因になります。筋トレは程々に、ウォーキングなどの有酸素運動を毎日まずは15分

これだけでも、何もしないより長い目で見れば体にとって大きなプラスになるはず。

f:id:kawanabehiroki:20200517164648j:image

(歩く習慣、ありますか?)

 

紫外線対策

日傘、帽子の使用を。

帽子はキツいのはやめましょう。しめつけがキツいのはよくない。

とはいえ、帽子のしめつけより、紫外線の方が負担は大きいかと思いますので、優先順位としては帽子をかぶることをオススメします。

 

夏場は日傘を。 

f:id:kawanabehiroki:20200517164804j:image

(太陽さんさんにはご注意)

 

おわりに

ここにまとめたものは、優先的に取りかかるべきものについてです。できそうなことを、できる範囲で。

 

育毛について触れてきましたが、「発毛」に関しては医療の力が必要です。発毛治療を専門とするクリニックさんなどに相談すること。

 

発毛は、時間もお金も非常にかかります。その前段階の予防としてまずは抜け毛対策として、育毛から始めてみましょう。

 

その他、更に細かい部分は、また随時ブログでも記事にしていきますね。

それでは、最後までありがとうございます。

 

書いてるひと

かわなべひろき(美容師 和漢薬膳師 ギター講師)

f:id:kawanabehiroki:20200517152512j:image