鹿児島の美容室から

髪のお悩み、口コミなど、かわなべひろきのブログ

記事メニューはここにタッチ

ダメージしないカラーをしたのに髪が傷んだ気がするあなたへ

美容室で「ダメージしないカラー」と言われて染めたのに、髪が傷んだ気がする…

と、いうあなた

 

気のせいかな…?

と気になる方に、今日は「ダメージしないカラー」についてまとめます

 

 

結論から

カラーをしてダメージしないことは、あり得ません

カラー剤やその使い方によって、ダメージの「程度」に差があるだけです

 

巷では、「まったく髪が傷みません」との触れ込みでカラーのメニューを打ち出している美容室さんもあります。

私はこの点にいささか懐疑的。というか「ウソじゃんそれ…」と思っています。  

 

言葉を選ばずに言えば、あなたも騙されないように気をつけてください

f:id:kawanabehiroki:20200513142813j:image

(マジスカ!?傷むんすか!?)

 

0か100かみたいな話にご用心

カラーはダメージが弱いものから強いものまであります

これは、

  • どんなカラー剤を使うか
  • どのように使うか

によって、決まります。オーダーやそれによる美容師の薬剤選定、塗布技術によってダメージの度合いは変わります。

 

そして、ダメージの程度に差はありますが、「傷まない」ということは決してありません。

 

「傷みません」と言われるとお客さまからしたら、まるで「ダメージが0なんだ…」という風に受け取ってしまいかねません。

 

いざ染めるとカラー仕立ての時はそんなに気にならなかったにせよ、数日経つと手触りや見た目の劣化を感じ「あれ…?話が違うくない…?」と、なることがある。

 

大事なのでもう一度言いますが、

カラーをして傷まないことは、あり得ません

傷みの程度に差があるだけ

 

「傷む」か「傷まない」かという、そういう単純な話ではないのです。

f:id:kawanabehiroki:20200513142853j:image

(どれくらい傷むかは、カラーによって変わる)

 

カラーのダメージに気を付けたいなら

施術前のカウンセリングでの美容師さんを、よく見てください

f:id:kawanabehiroki:20200513143007j:image

(話をきちんと聞いてくれるかな…)

 

カラーをしたいお客さまのオーダーの「中身」は人それぞれ。

  • ガラッと全体の雰囲気を変えたい
  • なるべくダメージさせずに染めたい
  • 先々パーマもかけたい
  • 明るさ、色味重視

色々あります。

 

カウンセリングで美容師がきちんと

あなたの場合は、何を優先してカラーをしたいのか?

を、聞いた上で提案してくれるかどうか、を見てください。美容師側が質問で引き出してくれると尚良いですね。

もし、ダメージさせたくないことが優先なら、あなたにとっての最適な提案があるハズです。

 

  • 今はこれが流行りだから
  • 最新のダメージしないカラー剤だから

という、安直な理由だけで決めてしまう美容師さんに、大切な髪を任せるのはオススメしません。

 

一緒に「あなたに合うカラー」を考えてくれる美容師さんに任せましょう

 

どこで染めたらいいのかお悩みの方は、ご相談もお待ちしてます。

それでは、最後までありがとうございます

 

書いてる人

かわなべひろき(美容師)

f:id:kawanabehiroki:20200513142748j:image

kawanabehiroki.hatenablog.com