鹿児島の美容室から

髪のお悩み、口コミなど、かわなべひろきのブログ

記事メニューはここにタッチ

白髪染めって痛いのが当たり前、って思ってませんか?

定期的に白髪を染めに美容室へ

薬剤塗った後の放置時間、ピリピリヒリヒリ…

まぁ、こんなもんかなぁ

 

実はこれ、「普通」じゃないんですよ。ずーっと毎回この違和感を感じてきた方の中には、

「カラーって痛いのが当たり前」

という方が、少なからずいらっしゃる。

 

今日は、これについて伝えときます

f:id:kawanabehiroki:20200509133828j:image

 

 

結論から

それ危険ですよ

アレルギーなど、重症化する前にリスク回避しましょう

です。

 

「リスク回避」というのは

  • 自分でカラーはしない
  • 美容師に頭皮にカラー剤がつかないように塗布してもらう

などです。

 

もしピリピリヒリヒリカラーを長いこと続けると、

  • 頭から発火するような熱い痛み
  • 頭部がパンパン膨れ上がる
  • 頭皮がドロドロただれる

など、重症化する可能性もあります。(甘く見ない方がいい)

これは、脅してるわけじゃありません。気をつけてください。

f:id:kawanabehiroki:20200509133852j:image

(リスクを減らして白髪は染めよう)

 

なぜ痛いのか?

原因は、カラー剤に含まれる化学物質への

  • アレルギー
  • 接触皮膚炎

が主です

 

アレルギーは、ある日突然に発症します。誰にだってリスクはあり、一度なると治りません。花粉症や食べ物のアレルギーなどと一緒ですね。

 

接触皮膚炎は、カラー剤に含まれる「アルカリ剤」や「過酸化水素」などの皮膚接触による肌の炎症。

これはアレルギーとは異なりますが、お肌にとって危険な症状ということに変わりありません。

 

カラー剤は、人体にとって安全に設計されているものではあっても、その安全は「絶対」ではありません。、

あくまで例外ではありますが、使い方や、体質によっては大きなダメージを被ることもあります。

 

やはり、取り扱いには注意が必要です

f:id:kawanabehiroki:20200509134126j:image

(絶対安全は無い)

 

リスク回避のために

これはとてもシンプルで、

カラー剤を頭皮につけない

ことです。

 

いつも美容室でカラーされている方は、美容師さんに相談してみるのもいいです。

いつも痛いんですが、頭皮になるべくつけないようにお願いできますか?」と、伝えてみましょう。

 

もし、「いや、それ無理っすよ、ハハハ」と返さらたら次回から美容室を変えましょう。それくらい、大切です。

 

私の施術では、どのお客さまにおいても普段から頭皮ベタ付は避けて施術しています。

お客さまからも

  • 初めて痛くなかった
  • これまでのヒリヒリがなかった

と、「安心してカラーができる」とご感想をいただいています。

 

また、既にアレルギーの方は、一般的な白髪染めである「アルカリ剤」ではなく、より安全な「ヘアマニキュア」による施術をしております。

 

ただし、シャンプー台でお流しの際に、頭皮にカラー剤がつくことを防ぐのは不可能ですから、既にアレルギー症状が重篤な方に関しては施術をお断りさせていただいております。

身の安全が最優先

f:id:kawanabehiroki:20200509134227j:image

(お流しの時にはどうしても…)

 

おわりに

長いこと同じ違和感にさらされていると、そのことにすっかり慣れてしまい「当たり前のこと」と感じてしまう方は少なくありません。

 

今回は白髪染めの痛みに焦点を当てましたが、髪にまつわるあらゆることに、「あなたの常識が実は間違っている」ことはよくあります。

 

この先も白髪染めを安心して継続していきたい。いつも染める度にヒリヒリして困っている。そんな方はご相談だけでもお気軽にどうぞ。

 

最後までありがとうございます

 

書いてるひと

かわなべひろき

f:id:kawanabehiroki:20200509133802j:image

kawanabehiroki.hatenablog.com