鹿児島の美容室から

髪のお悩み、口コミなど、かわなべひろきのブログ

記事メニューはここにタッチ

肩下の長さになるとダメージが気になって…という方に

髪をロングにしたいのに、肩より下の長さになるといつも

枝毛が…パサつきが…手触りが…

と、ダメージ感が気になってキレイに伸ばせない…。トリートメントしてるのに、どうにもうまくいかない…というあなた。

 

もしかしたら、普段のこの習慣が原因になってるかもしれません。

ちょっとチェックしてみてください。

f:id:kawanabehiroki:20200122124658j:image

(伸ばすとダメージ気になって…)

 

 

結論から

湯船に入るとき、髪の毛がお湯に浸かってませんか?

 

これです。

毎日のお風呂での過ごし方が原因の可能性があります。補足します。

f:id:kawanabehiroki:20200122124533j:image

(私はしてないよ〜)

 

毎日、髪を湯船に浸すと…

  • 髪の乾燥
  • カラーの流出による色抜け
  • トリートメント成分の流出

などを引き起こし、それが

  • パサパサや枝毛
  • 毛先だけキンキラキン
  • ゴワつき

の、原因になってしまいます。  

 

髪の毛には本来、つや、しなやかさを保つための「油分」があります。必要な油分まで毎日お湯につけることで流れ出てしまう

カラー剤やトリートメントも同様。

 

これは、湯温が高ければ高いほど起こりやすい。お皿を洗う時、熱いお湯だと油汚れが落ちやすいのと同じイメージ。 

f:id:kawanabehiroki:20200122125006j:image

(お湯だと油がよく落ちるよねぇ)

 

ポイントを押さえて気をつけてみよう

  • 湯船に髪を浸さない
  • シャワーも出来る範囲でぬるま湯を

 

つまり、

なるべく熱いお湯に、髪の毛をつけないようにするということです。

f:id:kawanabehiroki:20200122124757j:image

(あっちぃシャワーにもご用心!)

 

ちょっとした習慣の差が大きな差に

え…それくらいのことが影響するなんて…

と、思われる方もいるかもしれません。

 

が、日々のほんのちょっとの心がけが長期的には、大きな差になります。

1日のダメージは1でも、

100日続くとダメージは100になる

 

そして、キレイな髪を保ちたいなら、

コンディションが悪くなってからどうのこうのより、悪くならないための予防のほうが優先です。

 

なぜなら、髪の毛のダメージは何をやっても元に戻ることは無いから。

それに、予防に気をつけた方が、手間もお金も浮きます。いいことたくさん。

 

心当たりある方は是非お試しください。

最後までありがとうございます。

 

書いてるひと

かわなべひろき(美容師  ギター講師)

f:id:kawanabehiroki:20200122125312j:image

 

kawanabehiroki.hatenablog.com