鹿児島の美容室から

髪のお悩み、口コミなど、美容師かわなべひろきのブログ

記事メニューはここにタッチ

自分でカラーをした後に美容室でパーマをかけられますか?について

自分で自宅でカラーしたのですが、美容室でパーマをかけられますか?

とのお問い合わせがあったので、お答えしていきますね。

 

 

結論から

基本的に、かけられないと思っておいた方がいいです。かけられる場合のほうが例外です。

です。

 

補足します。

f:id:kawanabehiroki:20190601182925j:image

(セルフカラーの髪にパーマは厳しい…)

 

カラーもパーマも髪の整形手術 

どちらも髪にとても負担がかかります。

そして、手術をするにはそれに耐えるだけの体力が髪に残ってないといけない

 

そこで大事なことですが、

セルフカラーは非常に髪に対して負担が強いです。正直オススメできません。

つまり、髪の体力をごっそり奪ってしまいます。

f:id:kawanabehiroki:20190601183006j:image

(自分で染めるのは、髪にとってはかなりの負担)

 

市販のカラー剤は強力

どんな人が買っても染まるように設計されています。

それは、どんな髪でも染まるためのパワーを持っているということで、美容室で染めるのと比べて髪のダメージは大きくなります

 

実際、自宅で自分で白髪染めやカラーをしている人の髪の毛先は、ダメージのために独特の硬さやゴワつきを感じることが多い

 

これをやってしまった時点で多くの方の髪は、パーマに耐えるだけの体力が残っていない状態になってしまいます。

f:id:kawanabehiroki:20190601183054j:image

(確かに、毛先がゴワゴワ、硬いよなぁ…)

 

無理にパーマをすると…

パサパサになったですめばまだいいほう。

最悪毛先がチリチリになってしまい、そうなってしまっては取り返しがつきません。

 

強行での施術はやめておきましょう!

 

カウンセリングでウソをつかないように

これ、たまにお客さん悪気なくやっちゃうことがあるんですが、自分で染めたって言ってパーマを断られるのが嫌だからといって、

「美容室で染めました」

みたいな、ウソは絶対にNGです。

美容室もお客さんも誰も得しないばかりか、リスクしかないです

 

これに限らず美容室での事前カウンセリングでは、忘れてしまった事は仕方ないとしても、意図的に隠したりウソをつくようなことは、あなた髪のためにしないでくださいね。

f:id:kawanabehiroki:20190601183824j:image

(ウソはダメ〜)

 

かけられる場合も

例外的にあります。

実際見てみないとなんともですが、先に伝えた通り、髪の毛にパーマに耐えるだけの体力が残っている(いそうな)場合は、セルフカラーした髪でもパーマをかけられます。

 

ただし念押しですが、どちらかというとこっちの方が例外

 

1つ確実に言えることは、パーマや縮毛矯正をしたい人は、カラーは美容室でやりましょう。ご参考にどうぞ。

最後までありがとうございます。

 

書いてる人

かわなべひろき(美容師  ギター講師)

f:id:kawanabehiroki:20190601184152j:image

 

kawanabehiroki.hatenablog.com