鹿児島の美容室から

髪のお悩み、口コミなど、美容師かわなべひろきのブログ

記事メニューはここにタッチ

くせ毛がとても扱いやすい、と言ってもらえる私のカット技術の一例を解説します

お客様よりご感想をいただきました。

 

くせ毛でお困りだったお客様より

f:id:kawanabehiroki:20190313100656j:image

これまで、どこの美容室に行ってもダメだった私の髪が、かわなべさんにカットしてもらうようになって、自分で髪質が変わったかと思うほど、広がりやパサつきが改善されました


カットだけでもこんなに変わることに本当に驚きましたし、手入れも楽チンで嬉しいです


くせ毛で困ってる人はかわなべさんにカットしてもらえば、きっと私と同じように感じて頂けると思いました

 

メッセージ、また掲載のご承諾ありがとうございます。喜んで頂けて嬉しく思います(^^)

 

髪の悩みの代表格「くせ毛」。カット次第で扱いやすさには大きな差が出ます

私自身くせ毛でコンプレックスを抱えた経験から「どうにか少しでも扱いやすくなるカットができないか」と、試行錯誤を繰り返してきました。

 

今日はそんなに私のくせ毛のカット技術について、一例ですが解説します。

 

 

そもそも、なぜパサつく、広がる?

扱いにくさの原因から。

すき方」で非常に変わります。「すく」と言うと

  • 全体の量を減らす
  • 毛先の厚みを取る
  • シルエットのバランスを調節する

など、様々な役割がありますが、なぜすいたらパサつく、広がる、などの原因になるのでしょうか?

f:id:kawanabehiroki:20190313113328j:image

(すき方、本当に大事)

 

図で解説

まずこちらを

(イメージ図)

f:id:kawanabehiroki:20190313103730j:image

一本一本が髪の毛で、下が毛先、上が根元方向だと思ってください。赤点は毛先を表す。

 

同じくせ毛に対して、

  • 上の段は扱いにくいすき方
  • 下の段は扱いやすいすき方

をしています。

(なんのこっちゃ?ってなってるかもなので、細かく今から解説します)

 

扱いにくいすき方

先ほどの、「なぜパサつく?」の続きですが、はじめの画像の上の段から見ていきましょう。

f:id:kawanabehiroki:20190313103948j:image

「すく」とは、「量を減らす」などの役割がありますが、実際は髪の毛なくなってるわけじゃない。

画像のように、長い髪の間にたくさんの短い髪を作ることで、全体の量や毛先の厚みを調節します。(赤点は毛先ね)

 

上の段は、短い髪が長い髪の間に「無造作に点在」している状態。

 

短い髪はくせが出やすい。その毛先があっちこっちに飛び出したり、長い髪を押し広げてしまう。毛先もバサバサで、扱いにくさの原因となります。もう一度図を。

f:id:kawanabehiroki:20190313104508j:image

(点在する短い髪のくせが暴れることで、扱いにくくなる)

 

扱いやすいすき方

これに対して、はじめの画像の下の段

f:id:kawanabehiroki:20190313104945j:image

こちらは、局所的に大胆にスペースを空けるイメージで短い髪を作って全体の量をすいています。

 

満員電車でひとが身動きを取れないのと同じように、髪の毛も集まっていると動きにくい。言い換えると、くせが暴れにくい

 

このように、ある程度まとまった髪の毛の集団を残しながら、大胆にスペースを空けることで扱いやすいすき方ができるのです。もう一度画像を

f:id:kawanabehiroki:20190313110218j:image

(長い髪も、短い髪も、集団としてあるので1本1本が動きにくい、つまり、くせが暴れにくくく扱いやすい)

 

そしてこのすき方、くせが暴れにくいながら、スタイリングする時は、髪の間に大きなスペースがあることで、ワックスなどで「毛束感」を作りやすく、また指通りも非常に軽い仕上がりとなります。

f:id:kawanabehiroki:20190313113715j:image

(おまけにスタイリングもしやすい)

 

はじめの画像をもう一度

見ていきましょう。

f:id:kawanabehiroki:20190313110351j:image

上の段、下の段、

共に全体の量を「すいて」いますが、その中身は全く異なります

すくことが悪いんじゃなくて、すき方次第で変わるということ。

 

短い髪の毛先が点在して、全体のくせが暴れやすいのか、それとも、集団となって在ることで、暴れにくいのか。

ここが、カットにおけるくせ毛の扱いやすさの分かれ道となります。

 

適材適所おこなうことが肝心

ここで解説した技術ですが、

  • くせの強さによって
  • 髪の生えてる場所によって
  • 髪の生えてる向きによって
  • 髪のによって

また、道具も

  • すきバサミを使うのか
  • 普通のシザー(ハサミ)を使うのか

 

これらを、美容師の判断で適材適所、使い分ける必要があります。ただこれをやればいいって話じゃない。

f:id:kawanabehiroki:20190313113410j:image

(どんな髪に、場所に、どんな道具で、ひとつひとつをお客様ごとに判断することが大切)

 

くせ毛に悩む人へ

お客さまとの会話の中で、くせ毛の扱いにくい理由をなんでもかんでも

自分の髪質のせいだ…

と自分の髪を責めてたり、

どうせ誰がカットしてもおなじだ…

と、良くならないと決めつけてしまっている方、少なくないです。

 

果たしてそうでしょうか…。

確かに、カットでくせ毛そのものを、治すことはできません。でも、「扱いにくい」と一口に言っても、

扱いにくさが、100なのか、50なのか、10なのか、

これは、まったく違う話です。

 

現に私のカットで、「今までに感じたことのない扱いやすさ」を同じくせ毛のまま手に入れて、喜んでくださっている方は大勢いらっしゃいます。冒頭、メッセージをご紹介させて頂いたお客さまもそうです。

 

きっとあなたも大丈夫です。

 

お悩みでしたら、ご相談だけでもお気軽にください。お待ちしています。

くせ毛に関する過去記事はこちらからもどうぞ

kawanabehiroki.hatenablog.com

最後まで読んでくださりありがとうございます。

 

書いてるひと

かわなべひろき(美容師  ギター講師)

f:id:kawanabehiroki:20190313114128j:image

kawanabehiroki.hatenablog.com