鹿児島の美容室から

髪のお悩み、口コミなど、美容師かわなべひろきのブログ

記事メニューはここにタッチ

前髪が浮く問題に潜む4つの原因!

どこで切っても前髪が浮く…

浮かない前髪への憧れだけが募る日々…

どうしてあなたの前髪はどこで切っても浮いてしまうのでしょう?今日はこの原因を解説していきます。

 

カット次第で解決する場合もあるし、人によってはカットだけでは難しい場合もあります。

じゃ、前置きはこの辺にして、チェケラ〜。

 

 

結論から

  • 髪が立つ向きに生えている
  • 髪のハリコシが強い
  • おでこが狭い

この「素材としての3つの原因」に加えてもう1つ

  • 浮きやすいカットをされている

つまり、美容師のカットが「浮き」を助長している場合もあります。

 

では、補足します。

f:id:kawanabehiroki:20181205141907j:image

(浮かない前髪にしたいよぉ〜)

 

髪が立つ向きに生えている

図を

f:id:kawanabehiroki:20181205133318j:image

髪の毛の生える向きが立つ方向になっている。

そのまんまですね。このタイプの方は浮きやすい。

 

髪のハリコシが強い

図を

f:id:kawanabehiroki:20181205134157j:image

同じ生え方をしている場合、ハリコシが強い(かたい髪質)方がしなやかに曲がりにくいため浮きやすいです。

 

おでこが狭い

図を

f:id:kawanabehiroki:20181205134752j:image

髪は短いほど立ち上がりが強くなります。(ボウズ頭ってツンツン立ってるでしょ?)

おでこが狭いと、それだけ前髪の長さが短くなってしまう。つまり、立ち上がりがよく浮きやすくなるのです。

 

浮きにくい前髪づくり

以上を踏まえた上で、

  • 長さの設定
  • 段の入れ方
  • すき方

を間違えずにカットすれば、多くの方が浮かない前髪を作ることは可能です。

f:id:kawanabehiroki:20181205142531j:image

(なんやかんや言っても、カット次第っていう…)

 

カットだけでは難しい場合は、

  • ドライヤーでの一工夫
  • スタイリング剤を使う
  • ボリュームダウンの為のストレートパーマ

という選択肢も出てきます。

 

いずれにせよ、この辺は美容師に実際に髪を見た上でのアドバイス、施術をしてもらわねばなりません。

 

もしこれまでに、どこでカットしてもうまくいったことないぞ!と悩みの方は、私までどうぞ。

お客さまからのご感想も参考まで。

kawanabehiroki.hatenablog.com

それでは、最後まで読んでくださりありがとうございます(^^)

 

 

書いてる人

f:id:kawanabehiroki:20181205143614j:image

かわなべひろき (美容師)

kawanabehiroki.hatenablog.com