鹿児島の美容室から

髪のお悩み、口コミなど、美容師かわなべひろきのブログ

記事メニューはここにタッチ

【口コミ】「できない」で終わらず、他の選択肢を提案して頂けたのがありがたかったです。

お客さまより、ご感想頂きました!掲載のご承諾もありがとうございます。

 

30代 女性より

f:id:kawanabehiroki:20181121110250j:image

先日はありがとうございます!
親切丁寧にして頂いて嬉しかったです。

 

こちらの無理な要望に、「できない」で終わらず、他の選択肢を提案して頂けたのがとてもありがたかったです。
髪のことを本当に大切に考えてくださっていることがとても伝わりました。

 

カラーもカットも大満足、周りからも好評です。
また、よろしくお願いします

 

メニュー  カラー  カット   9000円(税別)

 

ありがとうございます

胸下まであるロングを、鎖骨くらいのミディアムヘアーに。カラーも落ち着いたアッシュ仕上げのお客さま。

 

美容室での、「カラー」「パーマ」「縮毛矯正」など薬剤を使う施術は、言ってしまえば「髪の美容整形手術」です。

手術するに当たっては、当然、髪の毛にも手術に耐えられるだけの体力が残っていることが望まれます。

 

こちらのお客様、ご来店当初「パーマもかけたい」とご希望でしたが、髪の状態から見ると、髪の体力がパーマに耐えられるだけ残っていないと判断しました。

 

この点、詳しくご説明差し上げご理解頂き、別のご提案を差し上げたところ、今回の施術に落ち着きました。気に入って頂けて何よりです。ありがとうございます。(ホッ)

 

 

できないことの説明と、別の提案をすることの大切さ

 

私もこれまでたくさんの失敗をしてきました。一つ一つを振り返った時に「できないこと」を「無理矢理に強行」したときに起こっていることって、少なくない。

 

ダメージひどいのに、パーマや縮毛矯正。

広がりやすいくせ毛なのに、それと相性の悪いスタイルへのカット。などなど…

 

数え上げればたくさん思い当たるのですが、お客さまからすると

  • 何故「できない」のかが分からない
  • 「できない」と言われて終わり

この二つが解決しない限り、納得できないし、せっかく美容室来たのに残念ですよね。

 

私は

  • 何故「できない」のかの、具体的な説明
  • 今の髪で「できる」別の選択肢の提案

ここまできちんと差し上げることで、少しでも「納得」「満足」につながればと思っています。

(私が「できない」ことを一つでも減らしていくための努力を怠らないことは前提です。)

 

お心当たりの方は、ご相談だけでもお待ちしてます(^^)

kawanabehiroki.hatenablog.com