鹿児島の美容室から

髪のお悩み、口コミなど、美容師かわなべひろきのブログ

記事メニューはここにタッチ

ハプニングにも笑う神あり!!初めての出張美容師!!(東京原宿)

今日の投稿は日記みたいな内容です。(ちょっと長いです)

 

先日、出張美容師ということで、東京原宿にてカットをして参りました。

f:id:kawanabehiroki:20181002090230j:image

今年やってみたかったことの1つであり、これを実現させてくれたお客さま、現地のお店の方々、心良く送り出してくれた鹿児島のお客さま、勤務先のオーナーである実兄、そして嫁さんに先ずは感謝を。本当にありがとうございます。

そして自分に対しても、「おつかれさま」と労をねぎらいたいと思います。

 

この度の経験、雑感をまとめておきます。

 

 

 

出張美容師って何?

今、巷では「シェアサロン」という、時間ごとの使用料を美容師が払ってお店のスペースを借りて、施術できる美容室があります。

 

今回、原宿にあるシェアサロンの一席をレンタルして、お客さまにはインターネットから予約を募って、お越しいただきました。

f:id:kawanabehiroki:20181002110436j:image

(個室になってる空間、奥のスーツケースに仕事道具詰め込んで来ました)

 

2名さまをカット

初めての出張美容師。関東在住の2名様をカット。お友達同士、お誘い合わせでご予約頂きました。

 

インターネット(ブログやツイッター)を通じて僕の存在を知ってくださり、ネット上でのやり取りはあったものの、初対面でキンチョー。(ガクブルガクブル)

 

僕自身、初めて訪れる美容室で、設備に対する不慣れから不行き届き(とゆーか、もはやハプニング)もありましたが、お客さまの寛大さにとても助けられ、カット。

f:id:kawanabehiroki:20181003110952j:image

(お客さま撮影)

 

  • おまかせで好きにしてもらって大丈夫
  • こんなに髪の説明聞いたのは初めて
  • 美容室苦手だからこそ、是非頼みたかった

 

などなど、とても嬉しい言葉をたくさん頂きました。終始和やかな雰囲気の中、お二人ともそれぞれ、ロングをミディアムに、ミディアムをショートボブに、というスタイルチェンジで、そこそこ「バッサリ」いきました。

f:id:kawanabehiroki:20181002113615j:image

(カット後のお掃除。床の髪の量なかなかでしょ?)

 

出張美容師やって感じたこと

今回感じたこといくつか

  • 差し出した分は返ってくるって、これ本当
  • 信頼関係の大切さ
  • 人に支えられまくってること
  • 人に喜んでもらえるってサイコー

他にもたくさんあるけど、ザッとこんな感じで非常に「前向きなエネルギー」を自分の中に充電することができました。

1つずつ、備忘録も兼ねて触れときます。

f:id:kawanabehiroki:20181004163058j:image

(観光で寄ったモスク。本文とは無関係です)

 

差し出した分は返ってくるって、これ本当

壁にボールを投げるとバウンドしてこちらに返ってきます。投げる強さや、スピードに応じて、跳ね返りも変わる。

 

僕の場合、美容師としての主な発信はこのブログ。ボールの例と同じように、ブログを発信した(投げた)ことで、お客さまとの出会い(返り)を獲得できました。

 

これは、一定のクオリティのもを継続して発信できているか否かで、結果も変わる。(自分はまだまだ…)

 

僕も僕なりに「読む人が分かりやすいように」、最近やや下がり気味だけど「更新頻度」など考えてやってきましたが、それが実を結んだ出張美容師。お客さまにはもちろん、自分にも感謝。

 

まだまだ未熟だけど、この先も自分のできる範囲でやっていきます。

f:id:kawanabehiroki:20181004163459j:image

(原宿で開催中の友人の絵の個展にも行脚。本文とは無関係です)

 

信頼関係の大切さ

今回カット時に、ハプニングがありました。

僕の不手際でシャンプーのときに、思い切りお客さまの襟や背中を濡らしてしまった。(使ったことないタイプのシャンプー台だったって言い訳スンマセン…)

 

非常に申し訳なかったのですが、「いいのいいの、どうせすぐ乾くから、気にしないでください」と笑顔のお客さま。

どこの神様かと思いました。後光が差してた。本当に寛大で頭が下がる。

 

これ、人によっては「おいこのヤロウ!!」とクレームもん。

 

出会い頭のカウンセリングでも「信頼してるから、おまかせで大丈夫」と言っていただけたように、お客さまと僕との間に、すでに最低限の信頼関係が出来上がっていたことで、怒りもせず笑って許して頂けたように感じました。

 

お客さまが寛大なのは前提として、これも今までの発信を見て頂けてたからかなぁ、と。

 

普段から「自分の行いを見てくれている人はいる」のが肌で感じられたし、信頼関係の大切さに触れ、こちらもあたたかい気持ちをいただきました。  

f:id:kawanabehiroki:20181004163903j:image

(寛大さに助けられつつ、カット!)

 

また、インターネットは世界中に開けているので、距離が関係なく繋がれることも面白いです。

 

これを読んでるあなたも、鹿児島ではなく、関西?関東?北陸?東北?北海道?はたまた海外だったり。どこでどんな人が見ているか分からない笑

 

人に支えられまくってる

もし、

シェアサロンがなかったら…

飛行機が飛ばなかったら…

電車が大幅に遅延してたら…

お客さまが1人もいなかったら…

美容師になるキッカケをくれた人や技術をサポートしてくれた人がいなかったら…

家族が心良く送り出してくれなかったら…

 

などひとつずつ細かく見て、一美容師である僕が当たり前に仕事(生活)をする背景には、数え切れないたくさんの人の働きがあること。

人に支えられまくって生きていることを、移動の飛行機や電車の中で、今更ながらしみじみと。

 

感謝の気持ちは普段から忘れるべからずなんて、頭では分かっちゃいるけど忘れがちじゃないですか?

え?そーでもないって?

スンマセン、僕はついつい忘れがち。初心なんてソッコーで迷子になるタイプ。

 

でも、日常を少し離れた機会に触れ、「普段の当たり前な生活への感謝」そして「支えられまくってる分、僕も社会(人)に貢献して返そう」という思いをまた、大いに充電できました。

f:id:kawanabehiroki:20181004164208j:image

(仕事終わりのビールの美味しさに白目むいてるところ。本文とは無関係です)

 

人に喜んでもらえるってサイコー

この度のお客さまにも「カットしてもらって良かった」と、とても喜ばれ

また絶対東京に来てカットして欲しい

と、ありがたい言葉もいただきました。いずれまた行きます。待っていてください。

 

鹿児島でも同じように、自分の仕事で人に喜んでもらえるって本当にサイコーだなぁ、と僕の方こそとても豊かな気持ちにさせてもらってます。

f:id:kawanabehiroki:20181004164721j:image

(ちょいと茨城の友人宅まで足を伸ばして一緒に拝観した、牛久の大仏様。本文とは無関係です)

 

始めることに遅すぎることは無い

僕は30歳過ぎてから、サラリーマン時代に美容学校の通信課程に入学して資格取得しました。現場でのキャリアは32歳からで今現在で3年弱。人より遅いスタート。

 

やるぞって決めた時、ぶっちゃけ不安だらけ。嫁さんに心配もかけました(今もだけど…)。

 

1年目は毎朝6時前にはお店に出て自主練。休み返上で座学にも打ち込み、人よりスタートが遅れた分を埋めるのに必死

 

カラーやカット、縮毛矯正、パーマの練習台のモデルさんもバンバン数を経験して、とにかく技術習得を急ぎました。ノートも何冊書いたか分からない。吐き気に襲われるくらいには、毎日のプレッシャーも大きかった。

 

一日中立ちっぱなしだったから、毎晩睡眠中に足をつって飛び起きてた。夜中風呂場でシャワーで温めては、足の痙攣を鎮めたことも何度あったかしら… (20代じゃ無いからねぇ…)

 

でも、もうすでにそんな日々は報われていると思ってます。 

まだ3年前は、美容室に立ったことも、実際に人の髪に触れたこともなかった僕が、今こうなっていることの感慨深さ。

 

もちろん、まだまだ自分で自分を一人前だなんて思ってないし、勉強したいことは山積みだけど、もうすでに何人ものお客さまに頼って頂けている実感があります本当にありがたい話です。

 

正直、当初は

30過ぎてから美容師なんて…

雇ってくれる所なんて…

生活していけるだろうか…

といった、ネガティヴな迷いも0では無かったんですが、勇気出して良かったなぁ、と今更ながら。

 

全然遅いなんてことなかった。やればなんとかなる、というか、なんとかしようとする自分が出てくる。だから、やりたいことは踏み出した方がいいな、そんなことを改めて感じました。

 

f:id:kawanabehiroki:20181004170416j:image

(つくばにある、JAXAも見学。顔色が災いした映りになってます。もちろん、本文とは無関係です)

 

おわりに

ちょっととりとめのない文になってしまいましたが、とにかく、今回の経験を踏まえて多くのことを発見、再確認、充電できました。これからの自分の仕事に、活かしていきます。

 

また、この先「やりたい」と感じたことには躊躇なく飛び込んでやってみます。まだまだこれからじゃぃ〜。

 

最後に改めて、カットさせて頂いたお客さま、普段から鹿児島で支えてくださっているお客様、関わってくださった全ての方々に感謝いたします。ありがとうございます。

 

書いてる人

f:id:kawanabehiroki:20181004171137j:image

かわなべひろき(美容師)

 

kawanabehiroki.hatenablog.com