鹿児島の美容室から

髪のお悩み、口コミなど、美容師かわなべひろきのブログ

記事メニューはここにタッチ

ダメージが心配…。髪が傷まないようにカラーを楽しむコツを教えます。

染めたては良かったのに、時間が経つとすごくダメージが気になりだした…

また、染めたいけどダメージが心配…

という方は多いかと思います。

では、なるべく傷めずカラーをするにはどうすればいいか。今日はこれに触れます。

(ちなみにここでいうカラーは、一般的なヘアカラーのことで、マニキュアやヘナのことではありません

 f:id:kawanabehiroki:20180502115243j:image

(キレイなまんま、カラーも楽しもう)

 

結論から

ずばり

  • 許容範囲内での暗めのカラー

です。

ヘアカラーは明るいほど、髪は傷みます。ですから、ここまでなら大丈夫!ってところで暗めをチョイスすることで、過度なダメージを防ぐことができます。

これは、おしゃれ染めでも白髪染めでも同じです。

f:id:kawanabehiroki:20180502120230j:image

(明るいと傷みがひどくなるのかなぁ…)

  

カラーでなぜ髪は傷む?

カラー剤を髪につけると

  • 脱色
  • 染色

2つが同時進行で起こります。

日本人の髪色は基本的に黒。例えば、黒い画用紙に色鉛筆で絵を描いても「色み」ってほとんど分からないじゃないですか?

f:id:kawanabehiroki:20180502120451j:image

(これ、黒画用紙に描いても分からんやん?)

髪も同じこと。発色を良くするため一度下地の「黒」を脱色した上で染色する必要があるんです。そして主に「脱色」によって髪はダメージを受けます。強力な脱色である「ブリーチ」ってめっちゃ傷むでしょ?そうゆうことです。

f:id:kawanabehiroki:20180502121001j:image

(ブリーチしたら傷んだぁ〜って心当たりあるなぁ…)

つまり、髪色が少しでも明るくなれば、程度の差こそあれそれはもう「傷んでいる」ということであり、「傷まないカラー」というのはありません。

 

仕上がりが同じ明るさでも…

美容室でカラーする時に、こんなん見たことありません?

f:id:kawanabehiroki:20180502111740j:image

これは、「カラーチャート」と言ってヘアカラーのメニュー表みたいなもの。縦が明るさの軸、横が色味の軸

細かいことは省きますが、仕上がりが同じ明るさの設定でも、「寒色系」は「暖色系」よりダメージしやすいです。

寒色系とは、アッシュ、マット、モノトーン(グレイ)など。

暖色系とは、ナチュラルブラウン、オレンジ、ベージュ、などです。

この辺りは、別記事で詳しく説明しますね。

f:id:kawanabehiroki:20180502121941j:image

(明るさだけでなく、選ぶ「色」によっても変わる)

 

まとめ

ここまでを簡単にまとめると、カラーで髪がより傷む要素は、

  • 明るいほど…
  • 暖色系より寒色系の方が…

ですから、ダメージが気になる方は参考にしてみてください。

髪の健康最優先で、色味は特にこだわらないよという方は、8トーン(という明るさ)までのナチュラルブラウンが僕個人的にオススメです。ツヤも1番出やすいし、色持ちもすごく良い。髪がキレイに見えるから。

 

髪によっての違い

最後にとても大切なことをもう1つ。

肌に「敏感肌」があるように、髪にも「敏感髪」があります。同じカラーをしてもダメージを受けやすい髪、そうでない髪。

あなたの髪にとって、どの明るさまでがダメージを感じないかというのは、実際に染めてみないと分からない部分も大きいです

美容師さんと相談しつつ、あなたにとって最適なカラーのアドバイスをもらいましょう!

f:id:kawanabehiroki:20180502122118j:image

(そー言えば、わたし、傷みやすい気がする…)

 

とは言え、ダメージばかりに縛られるなかれ!

ヘアカラーは

  • 髪の見た目の軽やかさ
  • 人(キャラクター)の演出
  • 季節感
  • トレンド

など、様々なポイントで選ぶ楽しみがあるものです。ダメージのことばかり考え過ぎて、色々試すことをやめてしまうのももったいない。

あなたが優先したいこと、これをしてみたい!ってことをまずはお伝えください^ ^その上で諸々踏まえて決めましょう!

今日お伝えしたこともまずは、「知ってる」ことが大事。知識は困った時に自分を助けてくれます。是非参考にしてみてください。

 

それでは、最後まで読んでくださりありがとうございます^ ^

 

記事が役に立った方は、ページ一番下のボタンより、「シェア」「読者登録」「各種SNSでフォロー」をポチっとお願い致します

 

書いてる人

f:id:kawanabehiroki:20180502122505j:image

かわなべひろき (美容師、在宅系音楽家)