鹿児島の美容室から

髪のお悩み、口コミなど、美容師かわなべひろきのブログ

記事メニューはここにタッチ

【プライベート】ズルい魅力、デニムと人間デニム

デニムって「ズルいな」と思います。僕は「人間デニム」になりたい。なんていきなり言われても「いやいやいや…言ってる意味がわからないけどどうしたの…?」ですね。

f:id:kawanabehiroki:20180407184305j:image

デニムってあのデニムです。そうそう、ジーパンの生地。デニムの何がズルいって、許されすぎなんですよあの野郎は…ホンマにけしからん。クラスにもいませんでしたか?同じことやっても何故か許される存在の人。

 

例えば、穿いてるズボンの膝頭が傷んで穴が開いていたり、汚れやシミが点在しているとします。これってフツーなら「買い替えなさい」とか「汚くてみっともない」などと言われそうなところ、ことデニムに関してはこれが許されるばかりか、なんならオシャレに転じます。他の生地ではまぁあり得ない話でしょ?ただのオンボロズボンが「ダメージジーンズ」なんていうちょっと高飛車な名前までつけられて。これはもう、いくらなんでも許されすぎでしょ。「裁判長!異議あり!」ってなもんです。

 

僕はそういうデニムみたいに、許されるとまでは言わずも、ちょっとしたことなら多めに見てもらえるような人間になれたらなぁ…などと、わがままを考えています。

 

「ぶっきらぼうな物言い」「無愛想」なのになぜか憎めない、むしろそれすら魅力に映るタイプの人っています。まさに人間デニム。僕の友達にも人間デニムが何人かいます。他の人が同じこと言ったら腹が立ったり、文句の1つでも言いたくなりそうなところ、こと人間デニムに関してはそれが許せちゃうばかりか、むしろ愉快痛快なんなら可愛いくらい。

 

人間デニムは何が違うのか、僕にはわかります。それはずばり「チャーミングさ」です。チャーミングさとは愛嬌だとか笑顔が良いとか、そう言う目に見えるもののことではなく、その人から滲み出るユーモア、少年ぽさ、会話に用いる語彙の選択だったりという、目に見えないもののことだと思います。星の王子さまの作者サン=テグジュペリも言ってますね。「本当に大切なものは目に見えない」。北島康介も言ってますね「チョ〜気持ちいい〜」あ、これ今カンケーないわ…。

 

チャーミングさがある人って、尖ってんのに憎めない。愛想ないのに可愛い。デニムで言うところの汚れてんのにオシャレみたいな、本来マイナスなものをチャラ、それどころかプラスに転じるという僕から言わせれば本当にズルい魅力の持ち主。ふざけんな、半分わけてくれその魅力、みたいな。

有名人で言うと、芸術家の岡本太郎さん、ダウタウンの浜ちゃん、タモリさん、みうらじゅんさん、リリーフランキーさん、などなど、みなさんものすごいポジションにいる方々なのに、どこかしら可愛さを感じさせるのが本当にスゴい。まさにチャーミングさ溢れる人間デニムのなせる業ではないでしょうか。(個人の感想です)

 

そんな人間デニムに憧れと羨望を抱きつつ、僕もそうなれたらなぁなどと、勝手わがままを願うのでした。

 

(完)

 

書いてる人

f:id:kawanabehiroki:20180407191136j:image

かわなべひろき (美容師、在宅系音楽家)
⚪︎勤務先 鹿児島 中央駅ちかく 美容室粧屋(めかしや) ご予約、口コミなどはこちらから https://mekashiya.amebaownd.com/
⚪︎音楽 https://m.soundcloud.com/kawanabehiroki
⚪︎CD販売ページ https://kawanabehrk.thebase.in/
⚪︎嫁のハンドメイドアクセ販売ページ https://kakolatte.thebase.