かわなべひろきのブログ

日々の雑感とか

コーヒースタンドで出会った音楽

友人がやっているコーヒースタンドで、午前の一杯をくつろいでいました。

友人とは音楽を通じて知り合った仲。


彼は、ベースを弾く。

そして、ジムキャリー主演の映画「イエスマン」に出てくる銀行員である主人公の上司のノーマンに、顔が10パーセントくらいで似ているということ以外に、特筆すべきことは無いやつなんです。

 

 

10パーなのでほんと、かすっている程度ですが。

f:id:kawanabehiroki:20161202151301j:image
(ハンドドリップで淹れまっせ〜〜)

 

 

コーヒー飲みながら店内で雰囲気のいい音楽が流れていたので、
「ようよう、これは誰の音楽なんだよう?」
と、彼に聞くと
「ジョンメイヤーだよ。知らないの?」

「いや、名前は知ってる…」

「いいよね、俺も大好きなんだよ」

「そうかぁ、曲は初めて聞いたかも…」

 

 

と、本当は名前も初耳だったんですが、それだと負けた気がするのでそこは少し濁しつつ…。

 


帰宅しな、さっそくジョンメイヤーを聞いてみることに。
iPhone片手にApple Musicでササっと検索してすぐ聞けちゃう。チョー便利。

 

 

いいねぇ。ジョンメイヤー。
ギターの音色もすごく好みだなぁって。
くつろぎの中にも、ゆるすぎないというか、ある一定の洗練された雰囲気がある音楽。

 

笑顔の中井貴一みたいな音楽だなぁって。

 

 

 

f:id:kawanabehiroki:20161202151330j:image

 (くつろぎの中にも、ゆるすぎない洗練された雰囲気のある笑顔)


音楽って聞く場所で、聞こえ方すごく変わりますよね。

同じ曲でも、朝のコーヒースタンドで聞いたあの煌びやかさとはまた違った聞こえ方。


家で聞くと、もっとこう、なんというか、アレな感じがしましたよねぇ…ええ、はい。

 


にしても、スゴイ時代ですよね。
今も、このブログiPhoneで打ち込んでるんですけど、なんなんすかこのiPhoneってやつは。スマホってやつは。
ちょっと万能に過ぎませんか?
出木杉君がはみ出し過ぎてませんか?

 

一昔前、と言ってもほんの数年前ではあり得ないことやってるもの。

 

今回は友人の店だったので、誰の曲?ってすぐ聞けたけど、
今は出先のお店で、なんかいい音楽耳にした時も、スマホアプリで簡単に検索できるし。
ほんで帰ってすぐ聞けるし。


何年か前に、ディスクユニオンの店員に
「この曲わかりません?」

って鼻歌聞かせた結果
「いやぁわかりません」
っていう赤っ恥体験したけど、もうそんなこともしなくていいんだなぁ、としみじみ。


かかなくて済む恥をかかずに済ませられるこの時代サイコーだなぁって、
ジョンメイヤー聞きながらそんなことを思いました。

 

 

 

 

*おわりに…


読んでくれてあざす。
シェア大歓迎す。


川邊 大紀
曲: https://soundcloud.com/kawanabehiroki
Twitter : https://twitter.comkawanabehiroki