かわなべひろきのブログ

日々の雑感とか

【名前とそれと】

朝、シャワーを浴びながらひげを剃ろうとしたら、石鹸が無かった。
(僕はいつも石鹸の泡をシェービングジェル代わりにして、髭を剃っている)


新しい石鹸を出そうと、浴室出てすぐの洗面台の下の収納…、なんと予備の石鹸が見当たらない。

オーマイ コケティッシュ!!(意味はありません)


浴室に戻り、(さすがに何もつけないで剃るのはカミソリ負けがなぁ…)と思い、シャンプーの類が並ぶ棚を見ると嫁の洗顔剤と思しきモノがあったので、それを手に取ってみた。


パッケージをよく見ると、それは洗顔剤ではなくヘアトリートメント剤であることが判明した。


ま、いいや。


塗れたらなんでも…。
特に迷いもなく、鼻の下にヘアトリートメントをぬりぬり。おかげでカミソリ負けすることもなく、ひげそりを終えることができた。

シャワーから出てタオルで体をふきふき。着替えをしながらそのヘアトリートメントのパッケージにこう書かれていたのを思い出した。

モイスチャー

美容関連の日用品に因んでよく目にする、あるいはCMなどで耳にすることがある。
言葉としての正確な意味は知らないけど、なんか語感がいいなぁ。

試しに口に出して言ってみる。


「モイスチャー…」





割と低めのいい声が出た。

しかし、返事は無い。そのはず。
この部屋にモイスチャーは住んでいないから。

試しにもう一回言ってみる。

「モイスチャー」


当初の予感は的中したようで、とても語感が良く発声するだけで気持ちいい。

もいっかい。


「モイスチャー」
いいっ。もっかい

「モイスチャー」
いいなっ。もっかい

「モイスチャー」
あぁっ、いいなっ。気持ちいい。


……………。


ランナーには「ランナーズhigh」と呼ばれる、どこまででも走っていけそうな高揚感に包まれる瞬間があるという。

僕は今「モイスチャーズhigh」になっている。
いつまででもモイスチャーを連呼していられそうな高揚感。


時に僕は、普段から自分の発した言葉に責任を持ちたいと思ってる。
その為にも、扱う言葉の意味や定義をなるべく自分なりに把握しておきたいと思っている。
 

ところが今、意味も知らずに「モイスチャー」と繰り返している。
悪気の無いこの行為が誰かを傷つけることは無いだろうか…
念の為きちんと意味を知ってからにしよう。



「モイスチャー  意味」


すると、
水分  湿気  潤い
などと出てきた。

f:id:kawanabehiroki:20151222185010j:image
(モイスチャーのイメージ)


なるほど。
これは誰も傷つけないな。
これは誰も傷つかないな。

無害だ。大丈夫だ。

むしろ、「モイスチャー」で誰かを傷つけて下さいって言われたほうが難しそうだ。

難関大学の国語の試験問題にうってつけだ。
 


問題
モイスチャーという言葉を用いて誰かを傷つける文章を20字以内で書きなさい。
(配点20点)






ね?
失うっしょ?
貴重な20点失うっしょ?

モイスチャーは人を傷つけない。



ところでこのモイスチャー。
f:id:kawanabehiroki:20151222185010j:image
「名前」と「それ」がスゴくマッチしてる好例ではないだろうか。


モイスチャーって聞くと、いかにも潤ってそうな感じする。
響きがそう感じさせる。
すごく合ってる。
ぷるんっとしてそう。




マシュマロとかもそう。
f:id:kawanabehiroki:20151222184845j:image
めっちゃマシュマロって感じする。
マシュマロ以外考えられないくらい。
名前を何にするかの会議で、議長が「それ待ってましたーーー!!」って言ったの目に浮かぶ。





あと、



  



武田鉄矢もそうじゃない?
f:id:kawanabehiroki:20151222184805j:image
この写真すごくない?


めっさ、武田鉄矢ってない?

名前と赤のベストがしっくりきすぎてない?



おっと、話が脱線した。



とにかく、僕が今回のブログで伝えたいのは、
モイスチャーのヘアトリートメントはひげ剃りの時も使える!
(個人の感想なので約束はしません)



〜完〜



*おわりに…


もしTwitterFacebookなど各種SNSをやっている方いらっしゃったら、シェアをして頂ければ、ヒゲが抜けるそうです。

あざす。


川邊 大紀