かわなべひろきのブログ

日々の雑感とか

風物詩

 僕の手持ちの国語辞書の説明によると





 “季節の感じをよくあらわし、詩の感じを与えるもの”






 
 一瞬、「え?俺のことやん。」と思いましたがいえいえ、








 「風物詩」のことです。






 なんとも香ぐわしい雰囲気たっぷりの日本語じゃありませんかっ!え?おまいさん!






 夏の風物詩と言えば湯水の湧くように脳内にたくさんの情景や事物がでてきますな。




 試みにいくつか挙げると








 ビキニ、白いビキニ、ピンクのビキニ、黄色いビキニ、黒いビキニ、水玉のビキニ、ヒョウ柄のビキニ、いいビキニ、悪いビキニ、小悪魔的なビキニ、憎めないビキニ、困ったビキニ、思い入れのあるビキニ、とってもビキニ、どうやらビキニ、シャレオツなビキニ、君にビキニ、、、、、、。








 とまあ、出てくる出てくる風物詩が。





 脳内が風物詩の嵐だわ。







 脳内に、大雨暴風物詩警報だわ。








 暴風物詩域ど真ん中だわ。










 ところで、、


 みんなっ、夏風邪には是が非でも注意しようぜっ! 







 なっ!みんなっ!(意味不明の正義感〆)