かわなべひろきのブログ

日々の雑感とか

ただいま、しばし、停泊中。

 これ、聞きながら、ゆったり読んでね。

 






 今年ももう片足夏に突っ込んだようなもの。





 海水浴本番の時期もそう遠くないな。





 
 僕は泳げません





 なので、夏の海にでかけたことは、高校のとき以来ありません。





 思い出す高校生だったころの夏。  僕の人生のピーク。






 間違いなくピーク。(断言)





 
 夏の日、補習授業が終わるとすぐ仲のいい友達数人で、自転車で海を目指しました。





 市街地を流れる川沿いの道をひたすら下った先に、僕らのお気に入りの遊び場はありました。






 当時、未開通で工事だけは完了していた河口に架かる橋。



 その下の波止場には、テトラポットが所狭しと敷き詰められておりました。



 錦江湾の向こうには、雄々しく桜島がいつも出迎えてくれました。



 まっさおの上空を、もくもくの入道雲が流れていき、



 海鳥の鳴き声とか、潮の香りとか、そうゆうベタな海辺の材料が風景を縁取っていました。





 開通前の橋のあるスポットだけに、僕ら以外の人に遭遇することは滅多にありませんでした。




 いわゆる、小学生で言うところの「秘密基地」的な場所でした。




 僕以外のみんなは泳ぎが達者なので、その橋から海をめがけて飛び込んだりしていました。  
 結構高かったよなあ。




 泳げないぼくはずっと見てただけでした。



 ぎゃーぎゃーみんなで騒ぎ立てては笑い転げていました。






 思い出は港に似ているなあ、と思うときがあります。




 僕が高校生活で友達と作った港はあまりにも美しいので




 たまに寄ると、ついつい長居してしまうの。





 もすこし停泊したら、また発ちます。






 そして、こんなにブログがセンチなのは、全てジャクソンブラウンを聞いているせいです。