かわなべひろきのブログ

日々の雑感とか

youtube好きのおばあさん

 僕の祖母は、昭和3年生まれ現在83歳です。






 携帯電話片手にバリバリメールを使いこなす、ITばばあです。






 以前、友達に話したときにスゴく驚かれたことがあって以来、今では聞かれてもいないのにドヤ顔で話すようになりました。






 「俺のばあちゃん昭和3年生まれなんだけどさ、携帯でメールとか普通にするし、、、、、、、







 どや?」的な、ね。






 しかし最近





 そんな我が祖母をしのぐ、高齢者と話をする機会がありました。







 聞けば大正生まれのその方。88歳なんだそうな。





 ばりばりインターネットも使いこなすそうで、足が悪いのでインターネットスーパーを利用したり、テレビなんかよりyoutubeで懐かしい映像なんかを覗いたりする方が楽しいのだそうな。








 88歳のおばあさんがパソコンいじってることすら、驚くに値するのにまさか、youtube楽しいよね!なんて言わるなんて思ってもみませんでした。







 ぼくが「すごいですね」とエビス顔で褒めちぎると、






 パソコンを始めたきっかけの事なんかを、すごく上機嫌にエビス顔で話してくれました。








 85才の誕生日にエビス顔のお孫さん(エビスだらけ)にパソコンを貰ったのをきっかけに少しずつ練習したんだそうな。





 初めはチンプンカンプン。


 

 だんだん用語を覚え、使えてきたらちょっとずつ楽しくなって来たんだと、。







 今ではデジカメの写真をお孫さんにメールで送ったりするんだと。





 PCばかりになっても良くないから、時間を決めてネットを利用してるんだと。










 なんだか、かっこいいなあ〜〜〜と思いました。







 よく、年齢を重ねた人が






 「私はもう年だから、、、、」





 を決まり事のように枕詞にしては不必要を訴えたり、新しいことを始めたりする機会を先送りしたりするけど、あれって、ほんとはめんどくさいだけってのが大半ですよね?






 だいたい、生活における最低限の衣食住以外、極端な話、言ってしまえば不必要なものですもんね。 娯楽もそう。 音楽だってしかり。 NO MUSIC NO LIFEのホントかウソかは知らんけど(僕の場合完全にウソになる)、NO FOOD NO LIFEはガチだもんね。 





 話しを戻しますと、、、



 そのおばあちゃんはきっと若い頃から、新しいことにチャレンジして自分の楽しみとか喜びを獲得して来た人なんだろうなあ、と想像してしまいました。






 
 すごく嬉しそうに話してましたから、、。






 僕も、見習いたいなあと思いました。