かわなべひろきのブログ

日々の雑感とか

コーカサスオオカブト

 表題を見て胸がときめいたあなたは少年、もしくは昆虫採集に明け暮れた元少年。




 「コーカサスオオカブト」とはカブトムシの一種で、海外の種。




 小学生時分、カブトムシやクワガタムシの採集に明け暮れた僕にとって、「ヘラクレスオオカブト」と「コーカサスオオカブト」と言えば並列的に語られる2大アイドル。




 クワガタムシでは「ミヤマクワガタ」と「オオクワガタ」が2大アイドル。







 それはそれは、この活字を見るだけで胸がときめいたものだったし、昆虫図鑑や雑誌の写真を目にしては憧憬を馳せたものでした。




 そして、時を隔て、今日。




 某所の某ショッピングモール内を歩いていると、ペットショップのショウケースに並べられた虫かごが目に飛び込んできました。




 見るともなく、視線を投げやると中にはその「コーカサスオオカブト







 うおお





 と一瞬なり、すぐさま近づいて虫かごの中をシゲシゲとガン見しました。





 そして、値段を見ると1680円。





 次の瞬間。





 

 悲しいような寂しいような、とにかく切ないものがこみ上げてきました。





 1680円という値段にではありません。





 
 これは昨年ボブディランのコンサートに行ったときに感じた切なさと同じ種類の物でした。





 開けてはいけない箱を開けてしまったような。


 
 知らない方が良かったことを知ってしまったような。






 あの日の「コーカサスオオカブト」はもう永遠に存在しない、幻の昆虫になってしまったことを知った今日。






 また一つ失ってしまったよ。