かわなべひろきのブログ

日々の雑感とか

昨夜のライブイベント

 只今、地元鹿児島の寄生虫のわたくし。



こらっ!





只今、地元鹿児島に帰省中のわたくし。

 今回の帰郷の目的は



 友達の経営する居酒屋さんの、開店2周年記念イベントへ出演という



 甚だミュージシャンかぶれなものとなっておる次第です。





 「カワナベが現れる所、笑いあり」と、地元では



 すべり知らずで恐れられている私。



 
 昨夜のイベントも、自分の演奏時間以外は、大変に会場を沸かせておりました。






 というか、自分だけ盛り上がっていました。







 いや、すみません。





 正直、泥酔して周りの方々にKYな振る舞いで、ご迷惑をおかけした次第で、、、。



 これはこれは、僕へ出演を依頼した友達も



 大後悔したかもしれませんし、




 彼の居酒屋の看板に泥を塗る結果となったかもしれません。





 ただ、それを差し引いても(勝手に差し引く)楽しい一夜だったのでは無いでしょうか?





 共演者のみんなもすごくアットホームな雰囲気で、心が和みました。




 東京に出て、はや10年近くが過ぎようとしているぼくにとって、昨夜のようなイベントはたとえ地元ではあっても、ほとんどが初対面同然の人ばかり。





 20時前後はまだ、人見知りのわたくしはソワソワとしていましたが、深夜2時ともなれば





 

 ガリガリの脱がし魔





 となっておりました。






 フロアの男どものTシャツを強制的にひっぺがし、そして自らもひっぺがされ、
 





 普段全く聞かないヒップホップミュージックの轟音にのせて、





 半裸の体をくねらせて踊り狂っておりました。
 (さすがに女性の服を脱がせるような破廉恥なまねは、いくら酔っててもしないジェントルっぷりは健在です)





 
 しかし、なんですな、、。






 ヒトとお酒を飲みながら、ワーワー騒ぐのってやっぱり僕は好きだなー。







 初対面のヒトの服ひっぺがしても、お互い全く平気なあの空間てなんなんだろ、、。







 とまあ、これはゆっくり時間をかけて考えるに値するものだとは思うのですが。








 そうゆう場を作ってくれたぼくの大事なトモダチ。






 彼については、また別の機会に書いてみたいなどと思っております。






 昨夜は、皆様おつかれさまでした。

 来て下さった皆様と、共演者と、各関係者の皆様に感謝致します。



 
 次回も脱がし魔が必要であれば是非お声をおかけ下さい!!