かわなべひろきのブログ

日々の雑感とか

みんな!ひねってくれっ!

春眠暁を覚えず


春は眠い。眠い。、、。


っと、ブログ更新中にも眠気との闘争。



道ゆけば、街路樹の梢にも桜がほころび始めている。


この時期の心もよう。
11月の雲の饗宴のごとし。


様々に形変え、立ち現れては消えてゆくもの。



しかし、まずは、眠い。



と、こ、ろ、で、

与謝蕪村の俳句に

「春の海 ひねもすのたりのたりかな」


というのがある。

この句が本当に好きだ。
ああ、あぁ、好きだ。 きーすーだぁー。


俳句、楽しいよね。
以下、本日ひねり出した我が俳句。



約束を 花へと結わえ 空は暮れ


花時や 空いざなうか 薄くれない


道ゆきの 椅子に憩うよ 花ひとり


ほこりかに すそはらいゆく 新卒者


まどろめば 夢のまにまに 朧雲


眠たいな ああ眠たいな 眠たいな


うーん、これぞまさに、
凡人の凡人による凡人のための凡句。


しかしながら、言葉を綴ることで日本語の味わいや、ゆかしさ、美しさにハッとさせられる。ほんとうに。


すばらしい雰囲気をもつ言葉との出会いに胸が弾む。




先人のみなさま、素晴らしい日本語をほんとのほんとのほんとに、







シェイシェイッ!