かわなべひろきのブログ

日々の雑感とか

水筒に泣く

仕事に出る前、毎朝の日課。


水筒にカフェオレ、、もとい、キャフェオレを作る希代の伊達男川邊。


作り方に、かなりのこだわりがある。


人がいれたカフェオレ、、もとい、、キャフェオレでは、なかなか満足のいかないわんぱくな俺。


そんな俺の水筒。経年の使用により表面にだいぶ凹凸ができてきた。


フタの角なんか、どこでぶつけたか、いくつもの凹みが認められる。


僕はモノは壊れるまで使ってしまうタイプの人間。


紅疾風(盗まれた愛車のママチャリの呼称)だってかなりボロボロだったけど、全然現役でまだまだ長い付き合いだと思ってた。


持ち物を長く使えばそれだけ愛着も湧く。


あぁ、まだ紅疾風を失った傷が癒えてないわぁ。グスン。

モノも人も何もかんも、全ては縁ですよ。


一度使い出したら、そうやすやすとは手放さんぜ。


この水筒もあと何杯のドリンクを、俺のために保温するのか。


そんなこと考えてたら、なんか、水筒にすげぇ、なんか、泣けてきたっつうか。



ありがとう!水筒!


これからもよろしく!水筒!



ビバ!

水筒っ!