かわなべひろきのブログ

日々の雑感とか

むしゃくしゃ

 強さと言うのは、未来を切り開いて行くチカラ。





  かなぁ。








 夢、目的、情熱を絶やさず、ブレずに前進する生き方。



 かっこいい。








 よね?








 ただ僕は、そういう生き方ばかりが賞賛の的になるこの世の中って何なんだろうって思ってる。







 今回の震災、現時点で1万を超す尊い命が奪われてしまった。




 本当に胸が痛い。







 でも、




 日本の年間の自殺者数は倍以上の3万を超える。





 理由はさまざまだけど、自分をダメ人間だと感じ散々自分を傷つけて追い込まれて、命を絶つ方も少なくない。同世代は特にそう。





 夢、目的、情熱をもって生きる。



 それは疑いもなく、素晴らしいことだ。願わくばいつだって自分もそうありたいとさえ思う。






 でもそればかりが、あたかも正しい生き方のように論じられる世の中。





 資本主義の前提は、成長、発展を善とする思想。





 成長、発展しない物は悪とまでは言わないも、置いてけぼりにされている、、、。







 その世の中の犠牲となった人も少なくないことを思いとどめておく必要があると思ってる。






 


 見えないところでも、もともと相当な数の尊い命が奪われている日本。





 本当に悲しいのは、そんな見えないところの事は知らない素振りで蓋してやり過ごすくせして、目に見える惨状にはホントか嘘か胸を痛めた素振りして。





 人間の「選べない薄情さ」だったりする。





 本当に悲しいのは。