かわなべひろきのブログ

日々の雑感とか

あわてないあわてない

 「あわてないあわてない 一休み一休み」

 
 言わずと知れた一休さんのセリフ。


 一休さんも、ライオンの檻に入れられたらさすがに慌てるだろなー、などと考えながら帰宅した今日の夕刻。



 計画停電により、街は信号機以外の明かりが消えていた様子。


 某大手牛丼チェーン店を外からのぞくとさすが、停電中にも営業中と来た。お客様のおなかを満たす事に、大変ストイックです。
 しかも店内は照明ついてない為、かなりの暗さ。
 そこに、はげ頭が三つ並んでどんぶりをかきこんでいる画。

 
 背中を寒い物が伝う光景。



 暗いところでがつがつと食事している姿って、なんか、こう、すごく、野性的というか、本能丸出しって言うか、なんつーーーか、





  ワイルドだよねっ♡


 
 うん。これが一番しっくりくる。  ワイルドワイルド。  ザックワイルド。


 サーファーか、暗がりの牛丼か、っていうくらいワイルドだったね実際。




 それを横目に家に帰ると、普段どれだけ電気に頼って生きてるかってーのがわかるね。



 こたつアウト、携帯充電アウト、冷蔵庫アウト、暖房アウト(この頃は節電してたから使ってないけど)、パソコンアウト、蛍光灯アウト。
 マイナスイオンドライヤー(いいでしょ?)アウト、圧力釜炊飯器(いいでしょ?ね?)アウト。


 そして当たり前に寒い部屋。  被災者の方々を思うと、不満など口の端にも上げられないですが。


 まったく電気様々です。

 原発の動向が非常に心配される中、改めて普段の発電に携わっておられる方々への感謝を感じた次第であったのです。


 
 今現在、こうやって電気が戻って、パソコンをカタカタ打ちながら布団にもぐり込まん、と欲している訳です。
 どれだけの均衡と、人々の働きの上に生活が成り立ってるかを、改めてしみじみ感じます。
 
 
 なにも特に書きたい事がないまま書き始めたので、案の定、支離滅裂な文章になってしまった。


 ま、いいか。寝よう。